第4回 芸能人・プロゴルファーの不動産経営・不動産投資・不動産事業・不動産ファンド・・・どれが何??|不動産投資博士

  • ×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
不動産投資 > 購入 > 【投資博士】ぶった切り > 第4回 芸能人・プロゴルファーの不動産経営・不動産投資・不動産事業・不動産ファンド・・・どれが何??
芸能人・プロスポーツ選手専門コラム。第二の人生をぶった斬り!

第4回 芸能人・プロゴルファーの不動産経営・不動産投資・不動産事業・不動産ファンド・・・どれが何??

シェア
ツイート
LINEで送る

資産投資系な言葉で「不動産○○」「○○不動産」・・・などの言葉をよく耳にしますね。そこん所をちょっとご説明させて頂きます。


まず「不動産事業」、これは「事業」とあるように、一般的には不動産仲介事業免許を各都道府県又は国土交通省(旧建設省)の管轄にて取得している会社・企業(個人事業者・小企業もあります)が行っている事業ですのでココのサイトで表しているものではありません。


次に「不動産ファンド」、これは、提供会社の企画内容によって細かいシステムは様々なのですが・・・

簡単に言うと、不特定多数の方から(個人・法人問わず)資金を集めそのお金で不動産(賃貸マンション・テナントビルなど)を運営し、その収益(利益)をある計算に基づいて資金出資(区分購入・権利購入など)された人に配当分配するものです。口数・枠数・室数・小口大口などの単位数に対して還元率も変動するケースを多く見受けます。

「不動産投資」とは、 日本においては特に高度経済成長以降、不動産を投資対象にする企業が増え、バブル期と言われる昭和の終わりから平成始めにかけては個人投資家も増え、不動産の値上がり(資産価値UP)を目的にした投資が盛んになって参りました。

その頃は「金・ゴールド」「絵画」「ゴルフ会員権」「区分所有マンション」「リゾート会員権」を含め様々な投資対象が増えてきました。

昨今、個人投資家(不動産会社の中にも?)の中ではマンション・アパートなどの「賃貸経営」を不動産投資と呼ばれている方々も多く見られます。

因みに、 私どもの「この専門コンサルティング」におかれましては「不動産賃貸経営」をメインにコンサルタントさせて頂いているのですが、「不動産投資」という表現をあまりしておりません。
世間一般的に「投資」というイメージは、利益・私欲だけを目的に行われているものという思考の方々が多いのではないでしょうか。

私どもの考えは「投資」というより「経営」と言った方がイメージ的に近いと思います。

「不動産賃貸経営」と言うのは、 借主(個人・法人)が入居してもらって初めて成り立つものです。


貸主自身が、又は身内が同じ賃料を支払っても入居したくなるような不動産・・・
これを目指す事が私どもの推奨です。

過去の賃貸経営では、貸主が一方的な優位市場という時代も有りましたが・・・
これからは無理でしょうね!

現在におかれては、貸主が一方的な「賃貸経営」「不動産投資」物件は、非常に空き部屋が目立ってきております。

「建物の設備管理・外装修繕・掃除維持管理などを行わないで家賃だけを欲しがる」
「利益が上がってから、維持修繕管理への投資は考えます」
のような物件は現在の社会では、淘汰されていっていると言っても過言ではありません。

WinWin(ウィンウィン)と言うと綺麗事に感じちゃう人もいるかもしれませんが、
私どもの推奨している 資産形成「不動産賃貸経営」はこの考え方です。
(綺麗事と考える方は、どうぞこのwebサイトから退出下さいませ・・・^^;;)

真面目に真剣に行えば必ずベストな不動産運営・資産形成できると私どもは信じております。
勿論!実際に上手く運営出来ている実例を現在進行にて経営しております!!

そして、 名前・顔が世間に売れてしまっていて且つ、本業が忙しい貴方のような芸能人・プロスポーツ選手など有名人方々には、 そのリスク(顔・名前が知られている)を考え・策を練り・上手い方法で資産形成・不動産経営をコンサルティング・アドバイスするのが私どもの務めです。

後日、その内容に関しても簡単に掻い摘んでコラムを書かせて頂きます。

(内容を深く記述するのは大変難しく、私の文章能力では不可能なので掻い摘んで・・・^^;)


次回は、 何故芸能人・プロスポーツ選手などの高所得者に 不動産賃貸経営 不動産投資がおすすめかについて書かせて頂きます。

シェア
ツイート
LINEで送る

あなたにおすすめの収益物件

新着!大家さんのお悩み相談
大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

[不動産投資博士からのお知らせ]

PAGE TOP