都内の3LDKの区分投資マンションを住むフリして住宅ローンで購入しちゃう!これって約定違反・詐称行為??<それ合ってる?大家さん>|不動産投資博士

不動産投資博士トップ > 購入 > 購入 住宅ローン > 【web版】ストッピー購入・売却 > 都内の3LDKの区分投資マンションを住むフリして住宅ローンで購入しちゃう!これって約定違反・詐称行為??<それ合ってる?大家さん>
それ合ってる?大家さん【物件の売り方編】

中古ファミリー物件を住宅ローンで購入!?

シェア
ツイート
LINEで送る

今回の相談者
T.Yさん
(35歳 東京都)

現在、都内の3LDKの区分投資マンションの購入を検討しています。フルローンで購入を考えていたのですが、金利が4.5%と高く、悩んでいました。そんな時…

ストッピー

今回のケース

不動産・法律分野の専門家に、
今回のケースに対して
回答していただきました。
各分野の専門家の意見を見てみましょう。

「嘘をついて得をしよう!」というずる賢い考えは捨てましょう!
ストレイトライド株式会社
ストレイトライド株式会社 【住所】〒160-0022 東京都新宿区新宿2-8-1 新宿セブンビル202 【TEL】03-6380-6422
【FAX】03-6380-6480
資金使途の無断変更は約定違反・詐称行為にあたります!

旭ハウジング株式会社
本社営業部課長
加藤 吉廣

事業用ローンは住宅ローンと比べて金利が高い事から、少しでもキャッシュフローを安定させたいと考えるお気持ちは大変よくわかります。

ですが、金利を安く済ませることと引換えに、大きなリスクが伴うこともまた事実です。
住宅ローンの金銭消費貸借契約には資金用途を明確に記載する欄が設けられており、資金使途は自らの居住用となっております。
資金使途を無断で変更することは、信義則に反する行為であることは言うまでもありませんが、銀行から見ればこれは約定違反・詐称行為にあたります。

もちろん転勤等を理由に、仕方が無く購入した住宅を賃貸にだす事もあるでしょう。
その場合は不可抗力の為、銀行も一定の理解が得られるかと思いますが、今回のケースでは当初から投資目的であることは明白の為、原則銀行からはローンの一括返済を求められるはずです。

万が一事実が発覚した場合は事業用ローンに切り替えればいい?
過去に「万が一事実が発覚した場合は事業用ローンに切り替えれば良い」というお話をされる方がいらっしゃいましたが、確信犯的に契約違反を行った顧客に対し事業用ローンを貸し出してくれる銀行があるかは疑問です。

自らの信用を貶める行為は、不動産投資の世界では大きなリスクにつながります。
安易な気持ちに流されず、堅実で慎重な不動産投資を行うよう心がけることをおすすめします。

旭ハウジング株式会社
旭ハウジング株式会社 【住所】〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-19-5 新宿幸容ビル2F 【TEL】03-6679-1558
【FAX】03-3347-1130
法律のプロ
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会
新着!大家さんのお悩み相談

[不動産投資博士からのお知らせ]

PAGE TOP

  • ×