平成28年4月より建物付属設備の償却方法が定額法に一本化されたことよる影響は?|不動産投資博士

不動産投資博士トップ > 売却 > 売却 節税 > 【web版】勉強しよう購入・売却 > 平成28年4月より建物付属設備の償却方法が定額法に一本化されたことよる影響は?
勉強しよう

平成28年4月より建物付属設備の償却方法が定額法に一本化されたことよる影響は?

シェア
ツイート
LINEで送る


建物附属設備・構築物の償却方法はこれまでは「定率法」での償却が認められておりましたが、平成28年度改正で「定率法」が廃止され、28年4月1日以後に取得する建物附属設備・構築物については「定額法」でのみ償却が可能となります。

税理士法人イデアコンサルティング
コンサルティング事業部マネージャー 矢口 尚
東京都渋谷区広尾1-3-1 HAGIWARA BLDG.13階
TEL 03-5793-4511/FAX 03-5793-4512
シェア
ツイート
LINEで送る


AD

m??octFA2017H

PAGE TOP