生命保険から、年金、相続対策のマンション経営入門 -株式会社青山メインランド-|不動産投資博士

  • ×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
不動産投資 > 購入 > 生命保険から、年金、相続対策のマンション経営入門 -株式会社青山メインランド-

20代からの「ライフプランとしてのマンション経営入門」

〜生命保険から、年金、そして相続対策まで 身近なライフプランの選択肢として〜 より賢く今の生活を、より安心した将来の生活を自らの手でプランニングする選択肢の一つに 「マンション経営」を考えてみてはいかがでしょうか?

  • 川口 明信

    「お客様がイメージしたことを実現するお手伝いをしたい」

    ファミリーマンション営業部
    部長 松本 鉄也
  • 山下 啓樹

    「お客様のより豊かな人生作りのお役に立ちたい」

    資産運用型マンション営業部
    本部長 山下 啓樹
  • 松本 鉄也

    「お客様の資産を守り、より価値のあるものにしたい」

    資産管理部
    部長 川口 明信
どうしてマンション経営がライフプランの選択肢になりえるの?
やり方によってマンション経営は、利回りでみる投資対効果だけでなく、生命保険効果や年金効果、相続税対策としてのメリットを得ることができます。

例えば、金融機関の融資を受けてマンション経営をすることで、団体信用生命保険による保険の代替効果や、家賃収入をローン返済に充てることによって少額の月負担で私設年金を作ることができます。

このような生命保険や個人年金の代替商品としてマンション経営が検討されています。
また相続税の税制改正されたこともあり、ライフプランとしてますます関心が高まっています。
ライフプランになる・ならない場合のマンション経営の違いとは?
同じ不動産に対する投資であっても保有資産の状況、自己資金の使い方、管理のリスクマネジメント手法により、自分にとってのライフプランとして組み込めるものとそうでないものが分かれると言えます。

一般的にライフプランとして許容できるリスクの幅はより小さいことが望まれると思います。

サブリース契約でやるマンション経営は、リスクの最適化を行っている業者へリスク移転をする方法と言え、初期コストや大きな出費を抑えたいサラリーマンなどの方でもライフプランとして検討することが可能となります。
賃貸契約で気を付けるべきポイントは?
ライフプランとしてのマンション経営を考えた場合、空室リスクや入居者トラブルなど手間や煩わしさも業者に任せることができるサブリースによる賃貸契約にすることがポイントです。

しかし、サブリース契約もその業者ごとに費用負担に大きな違いがあり注意が必要です。

次の項目がオーナー負担になっていないか等を確認しましょう。

@サブリース賃料に免責項目があるかないか
A原状回復費用でオーナー負担があるかないか
B設備の修理、交換費用においてオーナー負担があるかないか
C解約時に違約金があるかないか
パートナーとなる業者の選定ポイントは?
自分で知識を持ち、リスクを取って不動産「経営」をするという考えがある一方で、本業は別に持ちながらライフプランとして選択する考えもあります。

そのような場合、役割と責任を明確にし、良きパートナーとなり得る業者と一緒に「経営」をするのが最適でしょう。

ライフプランの観点では投資マンションだけでなく、賃貸や住まいの提案、リノベーションなどトータル的にその業者に相談できるのか。

不動産はもちろんのことファイナンシャルリテラシーのある担当者なのか、と言ったところも重視されると良いでしょう。
株式会社青山メインランド

〒101-0047
東京都千代田区内神田1丁目7番6号 北大手町ビル
TEL 03(5281)4911(代表)

お問い合わせはこちらまで
0120-937-060

青山メインランドホームページ
http://www.aml.co.jp

青山メインランドスタッフ一同

あなたにおすすめの収益物件

新着!大家さんのお悩み相談
大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

[不動産投資博士からのお知らせ]

PAGE TOP