不安定な公的年金に代わり、私設年金となる不動産投資・賃貸経営の家賃収入|不動産投資博士

【「熊本地震」により被災された皆さまに対し、心よりお見舞いを申し上げます。被災地の皆さまの一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。】

  • ×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
不動産投資 > 購入 > 不安定な公的年金に代わり、私設年金となる不動産投資・賃貸経営の家賃収入

不安定な公的年金に代わり、私設年金となる不動産投資・賃貸経営の家賃収入

シェア
ツイート
LINEで送る
公的年金への不安が叫ばれる中、実際に受給できる金額に期待することができない時代となりつつあります。その中で、定年退職の日を無計画に迎えてしまうことは非常に危険なこととなります。ゆとりある老後のためには私設年金の確保はなくてはならないでしょう。
ゆとりのある老後のために必要な資金とは?
2010年度の総務省・家計調査報告によりますと、夫65歳以上、妻60歳以上の高齢無職世帯の夫婦の1カ月の平均支出が26万4948円となります。それに対する収入は22万3757円。毎月4万1191円の赤字となってしまうのです。 これに対して、10年度「生活保障に関する調査」(生命保険文化センター)によれば、夫婦で老後にゆとりある生活を送るには36万6000円の収入が必要になるとのことです。 よって、ゆとりある生活費と実際に得られる収入の差は

366,000円 − 223,757円 = 142,243円 の不足分がでてきます。
ゆとりある老後生活のために不足金額確保のためには?
さて、ゆとりある老後生活のために不足金額確保のためにはどのような方法が考えられるでしょうか?

1. 毎月積み立ての定期預金する
2. 夫婦共働きをする
3. 定年後も再就職し収入を得る
4. 私設年金をつくる

このいずれかの方法を検討しなければゆとりある老後生活を送ることは難しいでしょう。
私設年金としての不動産投資
私設年金として、株式投資・FX・投資信託・商品先物取引・金・定期預金など金融商品は数ある中で、不動産投資は最適なものとなるでしょう。 ゆとりある老後のための不足金額、毎月約15万円の収入を不動産投資で確保するには、単純計算で利回り8%・2250万円のローン返済済み物件を取得する必要があります。

不動産投資においての2250万円の取得は、実はそこまで難しいものではありません。
また、不動産投資を始めるなら早く始めれば始めるほどゆとりある老後に対して有利となるでしょう。

仮にローン返済期間を30年とすると25歳で始めれば55歳で完済、30歳で始めれば60歳で完済となり、それ以降は家賃収入がそのまま利益となるでしょう。
逆に40歳から始めた場合ローン返済期間が20年となり毎月の返済額が上がり返済が困難になるでしょう。

ゆとりある老後のためにはどのような手法で不足金額の毎月15万円の収入を得るかがカギじゃ!定年退職の日を無計画に迎えてしまうことが一番危険じゃぞ!

シェア
ツイート
LINEで送る

あなたにおすすめの収益物件

新着!大家さんのお悩み相談
大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

[賃貸経営博士からのお知らせ]

PAGE TOP