売却予定の賃貸マンションと戸建、駐車場の一般的な価格査定方法とは?<勝ち組大家への道>|不動産投資博士

不動産投資博士トップ > 売却 > 売却 老後 > 【web版】勝ち組大家さん購入・売却 > 売却予定の賃貸マンションと戸建、駐車場の一般的な価格査定方法とは?<勝ち組大家への道>
勝ち組大家への道 【物件の売り方編】

売却予定の賃貸マンションと戸建、駐車場の一般的な価格査定方法とは?(地域・東京都)

シェア
ツイート
LINEで送る
 築20年賃貸マンション(25戸)と区分マンション1戸、駐車場(7台分)の土地を今売ろうと思っています。

 現在管理を依頼している不動産会社に価格査定を依頼しました。するとこういう形での査定が提示されました。
(1)賃貸マンションの建物と土地は、売却するには収益利回りで15%以上は必要と言われ、それに基づいて全体価格を逆算した。
(2)区分マンション1戸は、建物は固定資産税の課税標準額、土地は路線価で査定。
金額を見てみるとなんか安いんです…。正直納得していません。一般的に価格査定の方法はどうするのが一般的なのでしょうか?
売却予定の賃貸マンションと戸建、駐車場の一般的な価格査定方法とは?
Answer

価格・価格査定の大前提の考え方

沖田不動産鑑定士・税理士事務所
沖田不動産鑑定士・税理士事務所不動産鑑定士・税理士 沖田 豊明
〒332-0012
埼玉県川口市本町4-1-6
TEL:048-228-2501/FAX: 048-228-2502
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会
新着!大家さんのお悩み相談

[不動産投資博士からのお知らせ]

PAGE TOP

  • ×