木造1棟アパート(築45年)の売却を検討しています<勝ち組大家への道>|不動産投資博士

不動産投資博士トップ > 売却 > 【web版】勝ち組大家さん購入・売却 > 木造1棟アパート(築45年)の売却を検討しています<勝ち組大家への道>
勝ち組大家への道 【物件の売り方編】

木造1棟アパート(築45年)の売却を検討しています<地域:埼玉県>

シェア
ツイート
LINEで送る
現在、所有している木造1棟アパート(築45年)にて近年入居募集がうまくいかず空室が増えてきました。

友人からもそろそろ売却したほうがいいと話があったので、売却を検討しています。

ただ、築45年ということもあり、売却後に雨漏りや設備の故障などが起きてしまわないか心配です。現状、故障している箇所はありません。

売却後に起きた故障に対して対応しなければいけないでしょうか?こういった築古物件はどのような売却方法が良いのでしょうか?
ずっと物件を所有し続けるという考えは間違っているのでしょうか?
Answer

依頼する不動産会社に全ての情報を開示して買主に十分な説明を

築45年経過している木造アパートですので、現状で何も故障などが無かったとしても、将来的に雨漏りなどが起こると考えて売却をすることが大切です。

ただ、売却後に、何か故障などが起きた場合に対応しないといけないことはないです。

売却を依頼する不動産会社とよく相談をして、築古の物件ですので「売主は一切、瑕疵担保責任を負わない」という契約がなされる場合もあります。

この取り決めは売主様、買主様の間で行なわれることですので、契約書の記載・特約について注意が必要です。

契約をする際に、現状で売主側が知っている情報をすべて開示し、買主側も築45年経過している物件であることを認識した上での売買契約であれば、将来的な問題は起こらないかと思います。

後々のトラブルを避ける為には、依頼する不動産会社に知っている全ての情報を開示して、買主様にも十分な説明をしてもらうことが大切です。
株式会社ixio
株式会社ixio  代表取締役 都築毅
〒530-0041
大阪市北区天神橋3-6-5-401
TEL:06-6314-6646/FAX:06-6314-6647
http://www.ixio-r.co.jp/
シェア
ツイート
LINEで送る

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会
新着!大家さんのお悩み相談

[不動産投資博士からのお知らせ]

PAGE TOP

  • ×