アベノミクス効果や東京オリンピック開催で不動産売却も活発化!投資物件を売るタイミングとは? -株式会社緑陽住託-|不動産投資博士

【「熊本地震」により被災された皆さまに対し、心よりお見舞いを申し上げます。被災地の皆さまの一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。】

  • ×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
不動産投資 > 売却 > 【投資博士】突撃取材!不動産投資コラム > アベノミクス効果や東京オリンピック開催で不動産売却も活発化!投資物件を売るタイミングとは? -株式会社緑陽住託-
コラム/インタビュー突撃取材!「不動産投資」成功への道

アベノミクス効果や東京オリンピック開催で不動産売却も活発化!投資物件を売るタイミングとは?

シェア
ツイート
LINEで送る
弊社は、東京新宿区で投資用中古ワンルームマンション、中古ファミリーマンションの売買仲介を専門に取り扱っている会社です。会社設立後、まだ間もないのですが、これまでの仲介業務での経験を活かし弊社では、海外投資家様、大手企業様、国内の不動産オーナー様など幅広い買主様とお付き合いさせて頂いております。
不動産のご売却(早く売りたい、高く売りたいなど)又はご購入(ブランド地区の物件が欲しい、高利回りの物件が欲しいなど)をご検討されているお客様のニーズにあったご提案をさせて頂くのをモットーに日々営業させて頂いてます。
株式会社緑陽住託
所在地:東京都港区赤坂5-1-26 サンライズ赤坂ビル3F
お問合せ先:03-5549-7215
代表:薬袋 晃一郎
1.中古マンションを売る時の注意点とは?
− 担当になってくれる会社と営業マンの見極めをしっかりと!

中古マンション売却の一番のポイントは売却の活動を依頼する会社の見極め、
また担当になってくれる営業マンがどういった人か?がポイントになります。

そこで対営業マンに対してのポイントとして、マンションのデメリットから話をする営業マンには気をつけたほうがよいでしょう。

中には「物件が古くなると、家賃収入が見込めなくなってくる」など物件の値段を下げさせるためにデメリットを言ってくることがあるようです。実際は、物件の値段を下げずに売却する方法は色々とあります。まずは、オーナー様の話をしっかりと聞いてくれ、オーナー様の立場に立ち、オーナー様の意思を第一に尊重して考えてくれる会社に依頼した方が良いですね。
ちなみに、当社ではまず、お客様の希望の金額でご依頼を受け、それからお客様ひとりひとりにあう形でご提案をさせていただいております。
気持ちのよい売却をするために、オーナー様と不動産会社の両者がどれだけ歩み寄れるかにかかっているのではないでしょうか。

不動産売却無料査定

2.投資物件を売るタイミングとは?
− 不動産投資に注目が集まっている今が売り時!

今(2013年10月現在)は売るタイミングとしては良いと思います。
リーマンショック以前の2005年と比べても物件価格は上昇しています。
また、アベノミクス効果や東京オリンピック開催が決まり、経済動向も良くなっております。
それに伴い、不動産投資にも注目が集まりユーザーの需要も高まってきています。
売り主としては、優位に話が進めやすい傾向…いわゆる「売り手市場」となってきていると言えるでしょう。

また、2014年の消費税が上がる時期がひとつの節目となると思います。
このターニングポイントを目安に、今物件を買っている人が多くいらっしゃいます。「消費税が上がる前に気になっている物件は買っておこう」というユーザーの心理状況により、駆け込み需要が高まってきているので、特に今は売却するには良いタイミングなのではないでしょうか。

『ぶった斬り博士』関連コラムはこちら⇒
臨時特番!? 東京オリンピックは不動産投資にも笑顔で微笑む!!
オリンピックで不動産はどうなる?価格は?? ・・・アベノミクスとの連鎖??

3.都内のワンルームマンションを買う際、何をポイントに物件を選ぶ?
− ターゲット層にとってバランスの良い設備・立地・間取りであること

一つ目は、生活ニーズに合わせた居住設備が整っている物件です。そういった物件は人気があり、入居者も決まりやすいです。
特に最近は単身女性の入居者ニーズが高まっていきているので、
「エレベーター」
「室内洗濯機置き場」
「オートロック」
は今となっては賃貸物件を選ぶ際の必須条件と言えるでしょう。

二つ目は、立地条件や間取りが良い物件です。
不動産は購入すると、動かすことができない資産です。ですから、立地条件をよく考えることは重要です。
空室が増えている中、高い入居率を維持していくためには、やはり好立地であることが条件となってくるのではないでしょうか。

また、部屋の間取りに関しては、台形や三角形などのよくない間取りは避けたほうが良いでしょう。
将来的には所有物件を売却することも考えられます。ですから、築年数経過に伴って、その物件が古くなったときに、物件そのものに上記のようなウィークポイントがあると、売却時に売れにくいのです。
また、ワンルームマンションは一棟ものに比べて換金性も高いとこがメリットでもあります。

「将来売却しやすい物件であるか?」ということを考慮して物件選びをすることが大切です。

会社名株式会社緑陽住託
会社ホームページhttp://www.ryokuyou.com/
所在地東京都港区赤坂5-1-26 サンライズ赤坂ビル3F
TEL/FAX03-5549-7215/03-5549-7213
免許番号東京都知事(1)第94774号
営業時間10:00〜20:00
シェア
ツイート
LINEで送る

あなたにおすすめの収益物件

新着!大家さんのお悩み相談
大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

[賃貸経営博士からのお知らせ]

PAGE TOP