不動産投資で大切なことは、パートナーを見つけること。信頼できる業者や有力な業者との出会いとは? -株式会社 セカンドブリュー-|不動産投資博士

不動産投資博士トップ > 購入 > 購入 サラリーマン > 【投資博士】突撃取材!不動産投資コラム > 不動産投資で大切なことは、パートナーを見つけること。信頼できる業者や有力な業者との出会いとは? -株式会社 セカンドブリュー-
コラム/インタビュー突撃取材!「不動産投資」成功への道

不動産投資で大切なことは、パートナーを見つけること

シェア
ツイート
LINEで送る
東京で投資物件や収益物件、高利回り物件東京で投資物件や収益物件、高利回り物件のご紹介なら東京都渋谷区株式会社セカンドブリュー
東京23区や札幌、仙台、東京、横浜、川崎、名古屋、大阪、福岡の投資物件・収益物 件なら私たちにお任せください!!優良物件を誰よりも早くご案内いたします。
株式会社 セカンドブリュー
所在地:〒150-0022
東京都渋谷区恵比寿南1-3-7 隅越ビル4階
お問合せ先:03-5734-1298
代表者代表取締役 白山 武司
どんな人が不動産投資をはじめているのですか?
− 年収600万円以上の30代、40代サラリーマンが多いですね。

資産形成を目的としている方も多く、はじめから収益物件を2棟、3棟と購入しようと考えている方も多いです。
人によって条件や状況などは違うので、それぞれの投資家にあった収益物件や融資のご提案をしています。

また、数としては少ないですが20代の女性でも不動産投資を始める方はいらっしゃいます。
その中には年収1,000万円ほどの方もいらっしゃいますし、年収が少ない方でも20代だからこそできる日本政策金融公庫を利用した融資方法などもあります。

不動産投資をはじめる上で、大切なことはなんですか?
− パートナーとなるべき友人や業者を見つけることが大切です!

不動産会社は不動産を売ることが最終的な目的ですが、それだけの業者さんに捕まってしまうと、危険です。
不動産投資は失敗しにくい事業だと言われることもありますが、高額な投資になるためリスクも大きく、失敗するのは怖いですよね。
失敗をしないためにも、相談をできる環境づくりや、購入後もアフターフォローをしてくれるような会社の選定は重要なのではないかと思います。

あとは、不動産投資は融資がとても重要です。
融資でその物件の魅力はガラッと変わります。
その物件に最適な融資を出してくれる銀行を引っ張ってきてくれるか、というところは不動産会社の力の差が出ます。
そのため、融資に強い不動産会社は良い会社だと思います。
複数の金融機関との融資実績があり、良好な関係を築いている不動産会社を見つけることは、不動産投資をより成功に近づける鍵となっていると思います。

そういった、信頼できる業者や有力な業者を見つけるにはどうしたら良いですか?
− とにかく複数の不動産会社をまわってみることです!

そして、そこの不動産会社の特色は何かを確認していく。
何社も見ていくうちに、会社の雰囲気や話の内容で、自分にあっている会社なのか、親身になって提案をしてくれる会社なのかがわかってくると思います。
いろいろな不動産会社をまわって、信頼できる業者を見つけることは本当に重要になってくると思います。

いろいろな不動産会社の中でも、物件を押し売りする会社はやめた方がいいですね。
不動産会社は基本、売ってなんぼですし、売らないと数字にならないです。
その売上の数字が営業担当者の中で、優先順位が上がり過ぎると、
お客さんをお客さんと見なくなりがちになってしまう。
そんな人は「とにかくいいので買ってくれ」と、勧めていてもどこがいいのか明確じゃない。

具体的に出口戦略、賃貸の需要がどうなのかなどを総合的に加味し、買主の将来的ビジョンを一緒に見据えていくのが本当の「いい会社」なのではないでしょうか。

セカンドブリュ― 外観

ただ、どんなにいい会社を見つけても、思わぬトラブルが起こってしまう可能性もありますよね…。不動産投資のトラブルを防ぐにはどうすれば良いですか?
− もちろん、トラブルが起こる可能性はあります。そのときに正しい対処するためには買主側も不動産投資に関する知識が必要だと思います。

トラブルを事前に防ぐためには次のような点を不動産会社に質問すると良いでしょう。
・収益物件のあるエリアの賃貸需要はどうか?
・収益物件自体の実際のキャッシュフローは?(税金系が差し引かれて実際どれくらい残るのかを業者が正確にとらえているのか)
・減価償却の期間が終わった後どうするべきなのか?
などです。

上記の点に関しては、セカンドオピニオンとして、他の業者にも同じ質問をしてみたり、それがあっているのか間違っているのかを聞いてみることも良いと思います。

また、収益物件を見る際に、今後発生するであろう修繕などの見えないリスクをどれだけ意識できるかによって、トラブルを防ぐこともできます。
不動産投資の世界では、今まで蓄えてきた家賃収入を修繕費に全部持っていかれたという話もよく聞きます。

そんな修繕のトラブルを防ぐためには現地に物件を見に行くことをお勧めします。
しかし、収益物件の状態がどうなっていたらいいか、という判断は、色々な物件を見てきた人じゃないと見極めるのは難しくなってきます。

そういう時のためにも、先ほどの話にもつながってきますが、信用できる業者を捕まえて一緒に見に行くことが重要となります。

公開日:2016/9/29
株式会社 セカンドブリュー
シェア
ツイート
LINEで送る

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会
新着!大家さんのお悩み相談

[不動産投資博士からのお知らせ]

PAGE TOP

  • ×