新築で購入した1棟アパートが築19年になる築古投資物件の売却を検討。減価償却も考慮?-投資博士で勉強しよう!-|不動産投資博士

不動産投資博士トップ > 売却 > 売却 物件 > 【投資博士】投資博士で勉強しよう! > 新築で購入した1棟アパートが築19年になる築古投資物件の売却を検討。減価償却も考慮?-投資博士で勉強しよう!-
不動産投資博士で勉強しよう!
2013年8月
  • CASE1
  • CASE2
  • CASE3

新築で購入した1棟アパートが築19年になる築古投資物件の売却を検討。減価償却も考慮?

CASE 1新築で購入した1棟アパートが築19年になる築古投資物件の売却を検討。減価償却も考慮?

シェア
ツイート
LINEで送る
そろそろ減価償却が取れなくなりましたので、売りたくなる頃合ですね。
アベノミクス効果と、来年の4月から消費税増税の影響で 、今年の暮れから来年の3月ごろまでの間が売り時かもしれません。

最近は売り手市場になってまいりまして、投資用不動産の価格も上がってきていますよ。
株式会社リッチロード
回答会社

東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル40階
TEL 03-6161-1555 / FAX 03-6161-1556

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

vAv

[不動産投資博士からのお知らせ]

PAGE TOP

  • ×