マンション投資(不動産投資)のローンがなぜ、年金対策に活用されているのですか?-投資博士で勉強しよう!-|不動産投資博士

【「熊本地震」により被災された皆さまに対し、心よりお見舞いを申し上げます。被災地の皆さまの一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。】

  • ×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
不動産投資 > 購入 > 【投資博士】投資博士で勉強しよう! > マンション投資(不動産投資)のローンがなぜ、年金対策に活用されているのですか?-投資博士で勉強しよう!-
不動産投資博士で勉強しよう!

2013年12月

マンション投資(不動産投資)のローンがなぜ、年金対策に活用されているのでしょうか?

シェア
ツイート
LINEで送る
よくある営業トークで不動産投資は年金替わりになると言うお話がございます。

わかりやすくお話をさせて頂くと、不動産投資は非常に大きな投資となり、
殆どのケースが数千万円以上の投資資金を使う事となります。

しかしながら 、こうした資金を手元に持っている方が非常に少なく、殆どの方が金融機関から借入(ローン)を行い不動産投資を行う事となります。
手許資金を購入価格の10〜30%の金額を使い、後は借入によりまかなう形になります。
当然の事ながら借入したお金は返済をしなければなりません。

この返済は物件の築年数や構造などにより条件がきまるのですが、この借入期間の間に借入した元本と金利を返済する事となります。
この返済資金の基となる物が家賃収入になるわけです。

何も問題がなく借入期間が経過した場合、すべての借入金が返済され、完全(金融機関の担保がない)に物件となるわけです。
その後は返済等がないので、そのまま家賃収入(厳密に言うと経費や税金を控除)が手許に残る事になります。

つまり当初の借入時の際に手許資金が少ない金額で大きな投資(一般的にレバレッジと言われています)ができ、家賃収入で借入金を返済して言って、長い期間で最終的に無担保の不動産になるわけです。

こうした意味からローンを使い不動産を購入し借入金の返済後に老後の年金の代わりになるとされています。
とは言え、一般的な借入期間である20〜30年の間には市場の変化や、物件の変化があります。
こうしたリスクを予め予想をし物件を購入する事も非常に重要です。
  • 東京都中央区日本橋堀留町2-7-1-1201
    TEL 03-5623-2325 / FAX 03-6732-3136

  • 日本AMサービス
  • 日本AMサービスの堂下と申します。 長年の経済不況、今後訪れる少子高齢化社会、消費税の増税、不動産大家さんにとっては非常に厳しい経済市況だと思います。今後、今以上に「勝ち組」「負け組」大家さんの差がはっきりしてくると思います。 日本AMサービスでは賃貸、売買、管理、不動産ファンド運用経験に基づいて、不動産価値の「最大化」を追求させて頂きます。
マンション投資の『ローン』が年金対策に活用されているのではなく、
『マンション投資そのもの』が年金対策として有効だということです。

弊社のお客様でも比較的 若い20歳台の方たちが、年金対策にマンション投資を始められます。
レバレッジを効かせてローンを組んで不動産を購入し、リタイアするまでにローンを完済し、定年後家賃収入を得る。

すぐに家賃収入を得るというのではなく、20年後30年後のゆとりある人生を送るために
マンション投資を始められるのです。
  • 東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル40階
    TEL 03-6161-1555 / FAX 03-6161-1556

  • 株式会社リッチロード
  • アパート経営とマンション経営のリッチロード不動産投資。東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の売りアパートと投資マンションの投資物件情報を常時3000件以上掲載しております。その他、13年以上の実績あるリッチロード不動産投資限定の不動産投資セミナーや個別相談会も随時開催中です。
シェア
ツイート
LINEで送る

あなたにおすすめの収益物件

新着!大家さんのお悩み相談
大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

[賃貸経営博士からのお知らせ]

PAGE TOP