木造構造の建物(木造アパート)の投資物件としてのメリットは? -投資博士で勉強しよう!-|不動産投資博士

不動産投資博士トップ > 購入 > 購入 木造アパート > 【投資博士】投資博士で勉強しよう! > 木造構造の建物(木造アパート)の投資物件としてのメリットは? -投資博士で勉強しよう!-
不動産投資博士で勉強しよう!
2014年4月】
  • CASE1
  • CASE2
  • CASE3

木造構造の建物(木造アパート)の投資物件としてのメリットは?

CASE 1木造構造の建物(木造アパート)の投資物件としてのメリットは?

シェア
ツイート
LINEで送る


木造のメリットは、まず、修繕費用が安いことです。

延床面積が200平米程の 2階建て木造アパートで、
屋根・外壁・鉄部等の修繕をするとき、足場代も含めて200〜300万円くらいで済みます。

また、解体費用も安いですので、更地にして売却するときなども楽ですね。
株式会社リッチロード
回答会社

東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル40階
TEL 03-6161-1555 / FAX 03-6161-1556

一概に木造が良いとは言い切れません。

例えばメリットで言うならば建築コストが 安いくらいだと思います。

不動産投資における建物の構造で重要な部分は耐用年数の残存期間等を考慮した構造等になります。

また木造の場合、銀行評価は低いですので、その部分も考慮に入れた上で投資をされる物件の構造等を考えてみて下さい。
日本AMサービス
回答会社

東京都中央区日本橋堀留町2-7-1-1201
TEL 03-5623-2325 / FAX 03-6732-3136

シェア
ツイート
LINEで送る


AD

m??octFA2017H

PAGE TOP