「再建築不可」物件とは?再建築不可物件の投資判断は? -投資博士で勉強しよう!-|不動産投資博士

不動産投資博士トップ > 購入 > 購入 物件 > 【投資博士】投資博士で勉強しよう! > 「再建築不可」物件とは?再建築不可物件の投資判断は? -投資博士で勉強しよう!-
不動産投資博士で勉強しよう!
2014年10月
  • CASE1
  • CASE2
  • CASE3

「再建築不可」物件とは?再建築不可物件の投資判断は?

CASE 1「再建築不可」物件とは?再建築不可物件の投資判断は?

シェア
ツイート
LINEで送る
再建築不可の物件は現在ある建物を壊して 新たに建物を建ててはいけない物件になります。

再建築不可物件の場合、相場価格よりも安い事がありますが、
あまりにも老朽化している物件の場合、大規模リフォーム行う際に
その工事が再建築に該当するかを予め確認して頂く事をお勧めします。
日本AMサービス
回答会社

東京都中央区日本橋堀留町2-7-1-1201
TEL 03-5623-2325 / FAX 03-6732-3136

建築基準法で、建物が建てられないと決められている土地に 、建物が建ってしまっている場合を言います。
次に建築することができないので、「再建築不可」といいます。

どんな土地かと言いますと、道路に接していない土地や、間口が2メートルない土地です。
また、アパートのような共同住宅の場合、市街化調整区域内や但し書き道路に接している場合も建築できません。

信頼できる不動産業者に正確に調査してもらうことが大切です。
株式会社リッチロード
回答会社

東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル40階
TEL 03-6161-1555 / FAX 03-6161-1556

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会
新着!大家さんのお悩み相談

[不動産投資博士からのお知らせ]

PAGE TOP

  • ×