「再建築不可」物件とは?再建築不可物件の投資判断は? -投資博士で勉強しよう!-|不動産投資博士

  • ×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
不動産投資 > 購入 > 【投資博士】投資博士で勉強しよう! > 「再建築不可」物件とは?再建築不可物件の投資判断は? -投資博士で勉強しよう!-
不動産投資博士で勉強しよう!

2014年10月

「再建築不可」とはどういった物件ですか?また、購入時に注意する点とは?

シェア
ツイート
LINEで送る
再建築不可の物件は現在ある建物を壊して 新たに建物を建ててはいけない物件になります。

再建築不可物件の場合、相場価格よりも安い事がありますが、
あまりにも老朽化している物件の場合、大規模リフォーム行う際に
その工事が再建築に該当するかを予め確認して頂く事をお勧めします。
  • 東京都中央区日本橋堀留町2-7-1-1201
    TEL 03-5623-2325 / FAX 03-6732-3136

  • 日本AMサービス
  • 日本AMサービスの堂下と申します。 長年の経済不況、今後訪れる少子高齢化社会、消費税の増税、不動産大家さんにとっては非常に厳しい経済市況だと思います。今後、今以上に「勝ち組」「負け組」大家さんの差がはっきりしてくると思います。 日本AMサービスでは賃貸、売買、管理、不動産ファンド運用経験に基づいて、不動産価値の「最大化」を追求させて頂きます。
建築基準法で、建物が建てられないと決められている土地に 、建物が建ってしまっている場合を言います。
次に建築することができないので、「再建築不可」といいます。

どんな土地かと言いますと、道路に接していない土地や、間口が2メートルない土地です。
また、アパートのような共同住宅の場合、市街化調整区域内や但し書き道路に接している場合も建築できません。

信頼できる不動産業者に正確に調査してもらうことが大切です。
  • 東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル40階
    TEL 03-6161-1555 / FAX 03-6161-1556

  • 株式会社リッチロード
  • アパート経営とマンション経営のリッチロード不動産投資。東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の売りアパートと投資マンションの投資物件情報を常時3000件以上掲載しております。その他、13年以上の実績あるリッチロード不動産投資限定の不動産投資セミナーや個別相談会も随時開催中です。
シェア
ツイート
LINEで送る

あなたにおすすめの収益物件

新着!大家さんのお悩み相談
大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

[不動産投資博士からのお知らせ]

PAGE TOP