相続税の改正後、相続対策で不動産投資を行う人が増えた? -投資博士で勉強しよう!-|不動産投資博士

不動産投資博士トップ > 購入 > 【投資博士】投資博士で勉強しよう! > 相続税の改正後、相続対策で不動産投資を行う人が増えた? -投資博士で勉強しよう!-
不動産投資博士で勉強しよう!
2015年5月
  • CASE1
  • CASE2
  • CASE3

相続税の改正後、相続対策で不動産投資を行う人が増えた?

CASE 1相続税の改正後、相続対策で不動産投資を行う人が増えた?

シェア
ツイート
LINEで送る
相続税の改正により、基礎控除額が減り今まで相続税が課税されなかった方にまで課税が及ぶ事になります。しかしながら冷静に考えてみると課税されるとなった相続人の相続税額はそこまで多くありません。

相続税対策として「不動産投資」は昔から活用されており、その対策を活用するのは相続税が数千万円、数億円課税される恐れのある方がメインです。

今回の改正により「不動産投資」を行う方が増えたと言うよりは、相続税対策に不動産投資と言う言葉が良く使われるようになったと言う事ではないでしょうか。重要な事は仮に相続が発生した場合に相続対策による節税効果がどの程度あるのか予め把握をしておくことです。

安易に相続対策=不動産投資という行動に移らないようにして下さい。
頼りになるのはやはり信用できるプロに相談する事です。
日本AMサービス
回答会社

東京都中央区日本橋堀留町2-7-1-1201
TEL 03-5623-2325 / FAX 03-6732-3136

相続対策で不動産投資を始める人が増えているのは事実です。

相続財産のうち、現金を賃貸不動産に代えておくと、相続税を少なくすることができるからです。

ざっくりですが、現金の7割くらいまで圧縮することができます。
株式会社リッチロード
回答会社

東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル40階
TEL 03-6161-1555 / FAX 03-6161-1556

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

m??octFA2017H

[不動産投資博士からのお知らせ]

PAGE TOP

  • ×