投資物件での売主と仲介の取引態様の違いは?メリットは? -投資博士で勉強しよう!-|不動産投資博士

不動産投資博士トップ > 購入 > 購入 物件 > 【投資博士】投資博士で勉強しよう! > 投資物件での売主と仲介の取引態様の違いは?メリットは? -投資博士で勉強しよう!-
不動産投資博士で勉強しよう!
2015年6月
  • CASE1
  • CASE2
  • CASE3

投資物件での売主と仲介の取引態様の違いは?メリットは?

CASE 1投資物件での売主と仲介の取引態様の違いは?メリットは?

シェア
ツイート
LINEで送る
売主物件、仲介物件は一般的に売主物件の場合は売主さんが仲介も兼ねる事が多いため、間に別の業者さんが入りません。
その場合、第三者の意見を聴かない事により買主側に不利になる事も多いと思います。

仲介物件の場合も間に入る業者さんによって良い物件を購入できるかできないかがかかってくるので、いずれにしてもしっかりとした売主、仲介会社を見極める事が重要です。
日本AMサービス
回答会社

東京都中央区日本橋堀留町2-7-1-1201
TEL 03-5623-2325 / FAX 03-6732-3136

「売主」の場合、直接売主と取引をしますので、仲介手数料がかかりません。

また売主が業者の場合、2年以上の瑕疵担保責任を負ってもらえます。

逆に「仲介」の場合は仲介手数料がかかりますが、その代りプロとして調査をしてもらえます。
株式会社リッチロード
回答会社

東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル40階
TEL 03-6161-1555 / FAX 03-6161-1556

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会
新着!大家さんのお悩み相談

[不動産投資博士からのお知らせ]

PAGE TOP

  • ×