違法建築物件ってどんな物件?投資対象としては控えたほうがいい?商品価値は?-投資博士で勉強しよう!-|不動産投資博士

不動産投資博士トップ > 購入 > 【投資博士】投資博士で勉強しよう! > 違法建築物件ってどんな物件?投資対象としては控えたほうがいい?商品価値は?-投資博士で勉強しよう!-
不動産投資博士で勉強しよう!
2015年7月
  • CASE1
  • CASE2
  • CASE3

違法建築物件ってどんな物件?投資対象としては控えたほうがいい?商品価値は?

CASE 1違法建築物件ってどんな物件?投資対象としては控えたほうがいい?商品価値は?

シェア
ツイート
LINEで送る
建物は勝手に建てることができず、さまざまな法律や条例の規制を受けています。

違法建築とは、それらの法律や条例に違反して建築されている建築物のことを指します。良くあるのは、けんぺい率オーバーや容積率オーバーなどです。
違法建築は、商品価値が低いので、購入時に銀行の融資が受けられないことが多いです。
法令遵守で検査済証のある物件を購入することをお勧めします。
株式会社リッチロード
回答会社

東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル40階
TEL 03-6161-1555 / FAX 03-6161-1556

違法建築物は建築基準法に基づき建築されていない建物、建築基準法の改廃により既存不適格(厳密に言うと違法ではありません。)になった建物を言います。

例えば建築基準法で建蔽率、容積率が規定されていますが、この制限に基づかいない建物、建築図面と現況が変更申請等がないにもかかわらず違う物件などです。
違法建築物の場合、銀行から融資を受けられない事が多いので、仮に現金で購入しても売却をする際に購入検討先は非常に少なくなる可能性があります。
日本AMサービス
回答会社

東京都中央区日本橋堀留町2-7-1-1201
TEL 03-5623-2325 / FAX 03-6732-3136

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

m??octFA2017H

[不動産投資博士からのお知らせ]

PAGE TOP

  • ×