半年前に購入した収益物件を売却益目的(キャピタルゲイン)で売却しようと考えています。その際に必要な費用は?-投資博士で勉強しよう!-|不動産投資博士

  • ×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
不動産投資 > 売却 > 【投資博士】投資博士で勉強しよう! > 半年前に購入した収益物件を売却益目的(キャピタルゲイン)で売却しようと考えています。その際に必要な費用は?-投資博士で勉強しよう!-
不動産投資博士で勉強しよう!

2016年2月

半年前に購入した収益物件を売却益目的で売却しようと考えています。その際に必要な費用はどのようなものがありますか?

シェア
ツイート
LINEで送る
売却時に掛かる費用ですが、現金で購入していれば
@仲介手数料(売買価格の3%+6万の消費税)。
A売買契約書に貼付する印紙代(売買金額にもよるが5000万以下であれば15,000円)。
現金での購入であればこの2つのみ。

後は、収益物件ということで、
入居者から預かっている敷金等の預り金の清算するので、買主さんにお渡しする。
当然ですが、家賃や公租公課の日割り清算も必要。
細かいことですが、
電気代、水道料などオーナーさんが負担している部分があれば忘れずに清算すること。
借入があれば、
B抵当権等の抹消費用(3万程度)、
住所変更があれば、購入時から引っ越しをしていたら
C住所変更手続き費用(2万程度)を司法書士へ、
金融機関に依っては、短期での売却を極端に嫌がる場合もあるので注意が必要です。
特に長期保有と言って長期間の融資を受けた場合は売却はしないでほしいと強く言われると思いますので、
転売目的で購入する場合は、事前にその旨を金融機関に伝えた方がいいと思います。

最後に、利益が出れば当然ですが税金が掛かります。
短期譲渡になりますので、約40%掛かるケースが多いので、注意をしてください。
1000万の利益を出しても約400万の納税が発生するので、
手元が600万になりそこから仲介手数料などの経費がなくなると手取りがいくら?になるのか計算して売却価格を決めるとのもひとつだと思います。
  • 東京都新宿区四谷1-19-16 第一上野ビル6F
    TEL 03-6380-6780 / FAX 03-6380-6783

  • 富士企画株式会社
  • 富士企画は不動産投資物件に特化した会社です。
    東京都新宿区の富士企画株式会社は不動産投資専門の会社で、投資物件、収益不動産の市場に出回らない投資不動産の紹介と事業承継問題に取り組む投資専門アドバイザーです。
売却時に必要な費用としましては、
@不動産会社に支払う仲介手数料
A司法書士に支払う抵当権抹消費用
B契約書・領収書に貼付する印紙代です。

あと売却益が出た場合、保有年数によって税率が変わりますが、譲渡税がかかります。
  • 東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル40階
    TEL 03-6161-1555 / FAX 03-6161-1556

  • 株式会社リッチロード
  • アパート経営とマンション経営のリッチロード不動産投資。東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の売りアパートと投資マンションの投資物件情報を常時3000件以上掲載しております。その他、13年以上の実績あるリッチロード不動産投資限定の不動産投資セミナーや個別相談会も随時開催中です。
シェア
ツイート
LINEで送る

【不動産投資関連】こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの収益物件

新着!大家さんのお悩み相談
大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

不動産投資!こんな記事も読まれています
[不動産投資博士からのお知らせ]

PAGE TOP