不動産投資と株式投資のリスクや銀行からの融資面などで、主な違いは何ですか?-投資博士で勉強しよう!-|不動産投資博士

不動産投資博士トップ > 購入 > 購入 リスク > 【投資博士】投資博士で勉強しよう! > 不動産投資と株式投資のリスクや銀行からの融資面などで、主な違いは何ですか?-投資博士で勉強しよう!-
不動産投資博士で勉強しよう!
2016年12月
  • CASE1
  • CASE2
  • CASE3

不動産投資と株式投資のリスクや銀行からの融資面などで、主な違いは何ですか?

CASE 1不動産投資と株式投資のリスクや銀行からの融資面などで、主な違いは何ですか?

シェア
ツイート
LINEで送る
【共通】
@インカムゲイン(不動産投資:家賃収入、株式投資:配当、など)が得られる。
A相場により買値・売値が変動する。(値上がりにより利益が得られる可能性もあれば、値下がりにより損失となる場合もある)

【不動産投資・株式投資の違い】

武蔵コーポレーション株式会社
回答会社

埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5大宮ソニックシティビル21F
TEL 048-649-0333 / FAX 048-649-3331

色々な見方がありますが、不動産は現物投資、株式投資は現物がない投資。
株式投資は大きく儲けることも出来るが大損もあり得る。
不動産投資の場合は大きく儲けることは中々出来ないが、大損も少ないと言われミドルリスク、ミドルリターンとも言われている。

好みやなれの問題もあると思いますが、私自身は株式投資より不動産投資の方が向いていると思っております。
どちらがご自身に向いているのか、色々と勉強するといいと思います。
不動産投資の事であれば、メリットデメリットをお伝えすることが出来ますので、どちらかでお悩みの場合は相談にいらして下さいませ。
富士企画株式会社
回答会社

東京都新宿区四谷1-19-16 第一上野ビル6F
TEL 03-6380-6780 / FAX 03-6380-6783

不動産投資と株式投資の一般的な違いは流動性と言われております。
流動性とは簡単に言うと資産を売却をしてすぐに現金化できるかどうかという事です。

上場有価証券の場合、市場が開いていればすぐに売却が可能ですが、不動産の場合、少なくとも1ヶ月以上は売却手続きに時間がかかります。

また不動産投資は物件価値に焦点を置き、収入の安定性、費用割合などが重要で、株式投資の場合は企業の将来性、市場における立ち位置など異なる側面がありますが、収益性や将来性という言葉を使えば共通点もあります。
日本AMサービス
回答会社

東京都中央区日本橋堀留町2-7-1-1201
TEL 03-5623-2325 / FAX 03-6732-3136

不動産投資は、現物不動産を購入するところから始まりますので銀行融資を借り入れする方が殆どですが、現金で購入する方もいらっしゃいます。
一度購入してしまえば、即日賃料収入が発生します。

一方株式投資は、実際に投資しても現物ということではありません。
売って、買ったときに初めて利益又は損益が出る投資方法です。
市況で相場が上がったり下がったりと安定しているとは言えない投資手法です。
株式会社リッチロード
回答会社

東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル40階
TEL 03-6161-1555 / FAX 03-6161-1556

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

vAv

[不動産投資博士からのお知らせ]

PAGE TOP

  • ×