家賃が下がりにくい収益物件・投資物件の特徴・条件とは?-投資博士で勉強しよう!-|不動産投資博士

不動産投資博士トップ > 購入 > 購入 賃料査定 > 【投資博士】投資博士で勉強しよう! > 家賃が下がりにくい収益物件・投資物件の特徴・条件とは?-投資博士で勉強しよう!-
不動産投資博士で勉強しよう!
2017年5月
  • CASE1
  • CASE2
  • CASE3

家賃が下がりにくい収益物件・投資物件の特徴・条件とは?

CASE 1家賃が下がりにくい収益物件・投資物件の特徴・条件とは?

シェア
ツイート
LINEで送る
収益物件購入時点において、

武蔵コーポレーション株式会社
回答会社

埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5大宮ソニックシティビル21F
TEL 048-649-0333 / FAX 048-649-3331

賃貸用不動産は、空室にならなければ家賃を下げる必要がありません。

どういった特徴があるのかというと、一つは、立地条件が良いこと。
建物自体や設備は劣化しますが、都心や駅からの距離、そこに費やす時間という概念はどの物件も大切な要因です。
特に、最寄駅の沿線上にキャンパスゾーンとビジネスゾーンが共に揃った立地が理想です。

二つ目は、管理状態が良いことです。
住まいを探している人は、実際の部屋を見る前に外観やエントランスなどの共用部を見ます。
この時の印象がとても大切なので、建物管理の粗末な物件では借り主が見つかりにくいという傾向があります。

また、どんなに条件が良くても、供給の多すぎるエリアはどうしても家賃相場が下落してしまいますので、周囲の市場動向にも注意を向けることが必要です。
株式会社リッチロード
回答会社

東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル40階
TEL 03-6161-1555 / FAX 03-6161-1556

凄くシンプルなことですが、人気のあるエリアで人気のある設備が付いている物件は値下がりすずらいですが、中古の普通の物件を購入して、上手にリフォームすれば家賃のUPは可能です。

クロスの使い方や照明器具などで、雰囲気は大きく変わります。

築年数が古くなれば、家賃も下がるのが普通ですが、リフォーム次第では、家賃を維持出来たり、UPすることも十分出来ます。
富士企画株式会社
回答会社

東京都新宿区四谷1-19-16 第一上野ビル6F
TEL 03-6380-6780 / FAX 03-6380-6783

なんと言っても人気のエリアだと思います。
空室率が騒がれている現状の中でも誰もが知っている人気エリアでは稼働率を高く維持している物件も多いと思います。

当然の事ながら賃料相場があるので相場から逸脱した賃料設定では難しいと思います。
不動産投資を行う上で家賃設定は非常に重要な要素で新築だからと言って賃料設定が高い物件を購入しても最初の入居者が退去をして次の入居者を決める際に賃料が大きく下落する事もあります。

物件を選定する際はそうした部分を気にする事で運用中の賃料下落等も防げるのではないでしょうか。
日本AMサービス
回答会社

東京都中央区日本橋堀留町2-7-1-1201
TEL 03-5623-2325 / FAX 03-6732-3136

シェア
ツイート
LINEで送る

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会
新着!大家さんのお悩み相談

[不動産投資博士からのお知らせ]

PAGE TOP

  • ×