事故物件とはどのような収益物件のことですか?物件購入・所有時のリスクは? -投資博士で勉強しよう!-|不動産投資博士

不動産投資博士トップ > 事故物件 > 【投資博士】投資博士で勉強しよう! > 事故物件とはどのような収益物件のことですか?物件購入・所有時のリスクは? -投資博士で勉強しよう!-
不動産投資博士で勉強しよう!
2017年6月
  • CASE1
  • CASE2
  • CASE3

事故物件とはどのような収益物件のことですか?物件購入・所有時のリスクは?

CASE 1事故物件とはどのような収益物件のことですか?物件購入・所有時のリスクは?

シェア
ツイート
LINEで送る


事故物件とは、

レアルコンサルティング株式会社
回答会社

東京都新宿区西新宿1-3-13 ZenkenPlazaU7階
TEL 03-6911-3939 / FAX 03-6911-3938

事故物件とは、一般的にその建物内で自殺や他殺などが起きた場合の物件のことを言います。

本来は自然死のことは事故物件とは言いませんが、発見が遅れた場合などは、買主さんには伝えた方がいいです。

基本的に買主さんが後でその事実を知って、なんで言わないんだ!そうなりそうなことは、告知事項でなくても伝えるべきだと思います。

実際に、自殺した部屋のある一棟物件を何度も取引しておりますが、その部屋は家賃を仮に半額にすれば入ります。
他の部屋は下げる必要はないと思います。

なので、所有している物件なので、自殺などがあったとしても、その後ちゃんとお祓いをしてきれいにすれば、家賃が安ければ全然気にしない人は沢山おります。
なので運営上でのリスクは家賃が半額になる程度です。

後は売却時の話になりますが、これは事故物件だから少し安くなる程度でしょうか。
一般的に投資物件を買われる方は、自分達でそこに住まないので、収支のバランスが合えば事故物件でも購入します。

この様な事故が起きた場合の家賃低下などの保険もありますので、気になる方は加入した方がいいと思います。
富士企画株式会社
回答会社

東京都新宿区四谷1-19-16 第一上野ビル6F
TEL 03-6380-6780 / FAX 03-6380-6783

事故物件とは、そのお部屋で事件、事故があった部屋のことを言います。
人がお亡くなりになった場合、物件のオーナー側としては残った家財やリフォーム代など親族との交渉になりますが、一部保険で対応するケースもあるようです。

事件事故があった事実は、売買する際には契約解除事項になりますので、必ず告知をする又は受けなくてはなりません。
賃貸の場合は、賃借人に対しても告知事項になりますので充分に納得した上で賃貸することが必要です。
株式会社リッチロード
回答会社

東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル40階
TEL 03-6161-1555 / FAX 03-6161-1556

一般的に事故物件とは自殺や殺人などが発生した物件になります。

事故物件は近隣で噂になってしまうので、賃貸募集を行う場合に事故物件である旨を伝えなくてはいけないので借手がつきにくい、ついても割安でしか貸せない事もあります。

事故物件の場合、安価で購入できる事もあるので、収入とのバランスが良ければ購入するという事も一つの手です。
日本AMサービス
回答会社

東京都中央区日本橋堀留町2-7-1-1201
TEL 03-5623-2325 / FAX 03-6732-3136

シェア
ツイート
LINEで送る


AD

m??octFA2017H

PAGE TOP