投資物件の売却で不動産会社と専属専任媒介契約を結んでいますが、一向に売却が進みません。専任媒介・一般媒介への変更を考えた方が良いでしょうか?|不動産投資博士

不動産投資博士トップ > 売却 > 売却 媒介契約 > 【投資博士】投資博士で勉強しよう! > 投資物件の売却で不動産会社と専属専任媒介契約を結んでいますが、一向に売却が進みません。専任媒介・一般媒介への変更を考えた方が良いでしょうか?
不動産投資博士で勉強しよう!
2017年10月
  • CASE1
  • CASE2
  • CASE3

投資物件の売却で不動産会社と専属専任媒介契約を結んでいますが、一向に売却が進みません。専任媒介・一般媒介への変更を考えた方が良いでしょうか?

CASE 1投資物件の売却で不動産会社と専属専任媒介契約を結んでいますが、一向に売却が進みません。
専任媒介・一般媒介への変更を考えた方が良いでしょうか?

シェア
ツイート
LINEで送る


まず、専属専任媒介と専任媒介の違いについてですが、自己発見取引が可能であるかどうかが大きな違いとしてあるかと思われます。

株式会社リッチロード
回答会社

東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル40階
TEL 03-6161-1555 / FAX 03-6161-1556

不動産会社に売却を依頼する時に必ず媒介契約を締結します。
その種類として、専属専任媒介契約・専任媒介契約・一般媒介契約の3種類です。

3つの違いを簡単に説明すると、
専属専任は自分の友達が買いたいと直接言ってきても全ての取引はその不動産会社を通して行わなければなりません。
専任は友達などが直接買いたいと言ってきた場合は直接取引が出来ます。
この専属と専任はその不動産会社にしか売却の依頼を頼むことは出来ません。
そして一般媒介契約はどの不動産会社に頼んでも大丈夫です。

なので、今回のケースは専属専任である不動産会社に依頼して売却出来ないのであれば、
その不動産会社がダメな場合と、値段が高すぎるこの2つが考えられます。
なのでその理由をちゃんと把握するのと同時に媒介契約の種類をは把握した方がいいですね。
富士企画株式会社
回答会社

東京都新宿区四谷1-19-16 第一上野ビル6F
TEL 03-6380-6780 / FAX 03-6380-6783

一概にどの媒介形態が良いとは言えませんが、専属専任媒介、専任媒介の方が依頼を受けた業者は頑張りたいと思います。
一般媒介の場合、他社なども媒介活動を行っていると情報整理などの部分で売りにくくなる可能性があります。

しかしながら業者の動きが悪いのであれば、もう少し頑張って動いてくれる業者を探した方が良いと思います。
また両手仲介(買主も自社付け)だとさらに選択肢が狭まるので
専属専任、専任で依頼をするのであれば広く販売活動を広げて貰うように依頼されるのも良いと思います。
日本AMサービス
回答会社

東京都中央区日本橋堀留町2-7-1-1201
TEL 03-5623-2325 / FAX 03-6732-3136

シェア
ツイート
LINEで送る


AD

m??octFA2017H

PAGE TOP