不動産経営をする中で経費と認められるのものは? 印紙代・登録免許税・不動産取得税・固定資産税・都市計画税? 投資博士で勉強しよう!-|不動産投資博士

  • ×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
不動産投資 > 購入 > 【投資博士】投資博士で勉強しよう! > 不動産経営をする中で経費と認められるのものは? 印紙代・登録免許税・不動産取得税・固定資産税・都市計画税? 投資博士で勉強しよう!-
不動産投資博士で勉強しよう!

2013年8月

不動産経営をする中で経費と認められるのものは?

シェア
ツイート
LINEで送る
印紙代・登録免許税・不動産取得税・固定資産税・都市計画税などの公租公課と 、ローン手数料、火災保険料、司法書士への報酬、マンションの管理費や修繕積立金、管理会社へ支払う手数料、そして修繕費用などは経費として認められます。

また、実際にキャッシュアウトしませんが、減価償却費や金利の支払いも経費計上できます。

しかし、購入時の仲介手数料は購入代金の一部とみなされますので注意してください。
  • 東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル40階
    TEL 03-6161-1555 / FAX 03-6161-1556

  • 株式会社リッチロード
  • アパート経営とマンション経営のリッチロード不動産投資。東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の売りアパートと投資マンションの投資物件情報を常時3000件以上掲載しております。その他、13年以上の実績あるリッチロード不動産投資限定の不動産投資セミナーや個別相談会も随時開催中です。
シェア
ツイート
LINEで送る

あなたにおすすめの収益物件

新着!大家さんのお悩み相談
大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

[賃貸経営博士からのお知らせ]

PAGE TOP