新築と中古の区分投資マンション、それぞれ購入のメリット・デメリットは?-投資博士で勉強しよう!-|不動産投資博士

  • ×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
不動産投資 > 購入 > 【投資博士】投資博士で勉強しよう! > 新築と中古の区分投資マンション、それぞれ購入のメリット・デメリットは?-投資博士で勉強しよう!-
不動産投資博士で勉強しよう!

2013年10月

新築の区分マンションの購入を検討しています。新築と中古のそれぞれのメリットデメリットを教えて下さい。

シェア
ツイート
LINEで送る
新築マンションのメリットは、
・金利・減価償却費など必要経費を大きく計上できる
・購入当初は高い家賃が得られリフォームや設備投資が抑えられる

デメリットは 、
・短期間で売却すると損切りになること
・利回りが低い


中古マンションのメリットは
・利回りが高い
・売却が容易である

デメリットは、
・3点ユニットやエレベーター無しなど、将来競争力を失う可能性がある
・立地によっては、家賃の大幅な下落が見込める
それぞれのメリット、デメリットを比較し、自分にとって良い物件を購入しましょう!
  • 東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル40階
    TEL 03-6161-1555 / FAX 03-6161-1556

  • 株式会社リッチロード
  • アパート経営とマンション経営のリッチロード不動産投資。東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の売りアパートと投資マンションの投資物件情報を常時3000件以上掲載しております。その他、13年以上の実績あるリッチロード不動産投資限定の不動産投資セミナーや個別相談会も随時開催中です。
シェア
ツイート
LINEで送る

あなたにおすすめの収益物件

新着!大家さんのお悩み相談
大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

[不動産投資博士からのお知らせ]

PAGE TOP