投資物件(不動産)を評価する時の積算評価(積算価格)とはどのようなものでしょうか?-投資博士で勉強しよう!-|不動産投資博士

不動産投資博士トップ > 購入 > 購入 積算評価 > 【投資博士】投資博士で勉強しよう! > 投資物件(不動産)を評価する時の積算評価(積算価格)とはどのようなものでしょうか?-投資博士で勉強しよう!-
不動産投資博士で勉強しよう!
2013年12月
  • CASE1
  • CASE2
  • CASE3

投資物件(不動産)を評価する時の積算評価(積算価格)とはどのようなものでしょうか?

CASE 2投資物件(不動産)を評価する時の積算評価(積算価格)とはどのようなものでしょうか?

シェア
ツイート
LINEで送る
不動産の積算評価とは、土地の評価+建物の評価で算出されます。

土地の評価は 、相続税路線価×面積、

建物の評価は新築時の平米あたりの建築費×延床面積-経年による減価で算出されます。

収益評価に比べ、積算価格は購入時の銀行の評価が出やすく、将来の売却時も価格の下落を抑えやすいので、購入時に重要な判断基準となります。
株式会社リッチロード
回答会社

東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル40階
TEL 03-6161-1555 / FAX 03-6161-1556

不動産鑑定の代表的な手法として、

日本AMサービス
回答会社

東京都中央区日本橋堀留町2-7-1-1201
TEL 03-5623-2325 / FAX 03-6732-3136

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

vAv

[不動産投資博士からのお知らせ]

PAGE TOP

  • ×