販売物件の取引態様の「売主」とは? 売主物件のメリット・デメリットは? -投資博士で勉強しよう!-|不動産投資博士

不動産投資博士トップ > 購入 > 【投資博士】投資博士で勉強しよう! > 販売物件の取引態様の「売主」とは? 売主物件のメリット・デメリットは? -投資博士で勉強しよう!-
不動産投資博士で勉強しよう!

2014年6月

取引態様に「売主」と表記のある物件があるのですがこれはどういう意味でしょうか?

シェア
ツイート
LINEで送る
取引態様には一般、専任、専属、売主がございます。

  • 東京都中央区日本橋堀留町2-7-1-1201
    TEL 03-5623-2325 / FAX 03-6732-3136

  • 日本AMサービス
  • 日本AMサービスの堂下と申します。 長年の経済不況、今後訪れる少子高齢化社会、消費税の増税、不動産大家さんにとっては非常に厳しい経済市況だと思います。今後、今以上に「勝ち組」「負け組」大家さんの差がはっきりしてくると思います。 日本AMサービスでは賃貸、売買、管理、不動産ファンド運用経験に基づいて、不動産価値の「最大化」を追求させて頂きます。
「売主」が不動産会社だということです。

売主から直接購入するメリットは、 @仲介手数料が不要なこと
A瑕疵担保責任が2年間つくこと、です。

デメリットは、第三者(仲介業者)に調査をしてもらえないので、物件の欠陥や問題点を自分で判断しないといけないことになります。
  • 東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル40階
    TEL 03-6161-1555 / FAX 03-6161-1556

  • 株式会社リッチロード
  • アパート経営とマンション経営のリッチロード不動産投資。東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の売りアパートと投資マンションの投資物件情報を常時3000件以上掲載しております。その他、13年以上の実績あるリッチロード不動産投資限定の不動産投資セミナーや個別相談会も随時開催中です。
シェア
ツイート
LINEで送る

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会
新着!大家さんのお悩み相談

tFA

[不動産投資博士からのお知らせ]

PAGE TOP

  • ×