保有する不動産が増えた場合、法人化した際の節税効果は? -投資博士で勉強しよう!-|不動産投資博士

不動産投資博士トップ > 購入 > 購入 資産運用 > 【投資博士】投資博士で勉強しよう! > 保有する不動産が増えた場合、法人化した際の節税効果は? -投資博士で勉強しよう!-
不動産投資博士で勉強しよう!
2014年8月
  • CASE1
  • CASE2
  • CASE3

保有する不動産が増えた場合、法人化した際の節税効果は?

CASE 2保有する不動産が増えた場合、法人化した際の節税効果は?

シェア
ツイート
LINEで送る


法人を利用するメリットはまず個人ですと保有する資産規模が 限られてしまいますが、法人化すると
数十億単位でも不動産投資が可能となります。

また法人化する事により、家族等への役員報酬等の
経費計上がしやすくなります。

当然の事ながら法人の場合は税理士等の専門家に依頼をして、
税務をきっちり行う点が求められます。

法人の維持コストがかかる点がデメリットです。
日本AMサービス
回答会社

東京都中央区日本橋堀留町2-7-1-1201
TEL 03-5623-2325 / FAX 03-6732-3136

法人化することのメリットは、所得分散による 節税です。

個人の最高税率が50.84%(所得税40%+住民税10%+復興特別税0.84%)に対し、
法人税の実効税率は40%以下ですので節税になります。

逆にデメリットとしては、
個人の所得があまり高くないと税率の差を享受できないこと、
法人を立ち上げるのに費用がかかることなどです。

損益分岐点はそれぞれですので、個別にシミュレーションをしてみましょう。
株式会社リッチロード
回答会社

東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル40階
TEL 03-6161-1555 / FAX 03-6161-1556

シェア
ツイート
LINEで送る


AD

m??octFA2017H

PAGE TOP