不動産売却時、仲介での売却と買取の違いとは?-投資博士で勉強しよう!-|不動産投資博士

  • ×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
不動産投資 > 売却 > 【投資博士】投資博士で勉強しよう! > 不動産売却時、仲介での売却と買取の違いとは?-投資博士で勉強しよう!-
不動産投資博士で勉強しよう!

2015年9月

物件を売却するとき、不動産会社に仲介をしてもらう場合と、買取をしてもらう場合の違いは何ですか?

シェア
ツイート
LINEで送る
仲介と買取の大きな違いは、仲介であれば仲介手数料が掛かり、買取の場合は仲介手数料が掛からないがその分買取の方が安くなる。
仲介の場合は、買主さんが一般の方が多いので、融資をりようする場合が多く、融資特約付の契約が多く、買取の場合は融資特約なしで現金買取が多く、急いでいる場合は買取の場合がいいケースもある。

それと通常の契約であれば瑕疵担保を物件引き渡し後2、3カ月負わなければなりませんが、買取の場合は、瑕疵担保免責のケースが多い。纏めると、少しでも高く売りたいなら仲介で、多少安くても確実に売却したいなら買取を選ぶ方がいいかもです。

投資物件を売却するなら、必ず富士企画の様な専門会社にも相談した方がきっといい方法を提案してくれると思います。地元の業者、大手業者、投資専門業者の3社に頼むのが理想だと思います。同じ不動産でも、得意分野が異なりますので、色んな意見を聞いて判断した方がいいです。
  • 東京都新宿区四谷1-19-16 第一上野ビル6F
    TEL 03-6380-6780 / FAX 03-6380-6783

  • 富士企画株式会社
  • 富士企画は不動産投資物件に特化した会社です。
    東京都新宿区の富士企画株式会社は不動産投資専門の会社で、投資物件、収益不動産の市場に出回らない投資不動産の紹介と事業承継問題に取り組む投資専門アドバイザーです。
不動産会社に仲介してもらう場合は、販売時に経費として仲介手数料が発生します。
逆に買取をしてもらう場合は直接ですので、仲介手数料はかかりません。業者が買取をする場合、転売目的が多いため、多少価格をたたかれることがあります。

しかし、業者の場合、ローン条項など使えませんので、契約さえしてしまえば、確実に決済ができますので、早期売却をお考えの方はメリットがあります。
  • 東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル40階
    TEL 03-6161-1555 / FAX 03-6161-1556

  • 株式会社リッチロード
  • アパート経営とマンション経営のリッチロード不動産投資。東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の売りアパートと投資マンションの投資物件情報を常時3000件以上掲載しております。その他、13年以上の実績あるリッチロード不動産投資限定の不動産投資セミナーや個別相談会も随時開催中です。
不動産会社に仲介してもらうのと、買取をしてもらうケースで大きく違うのは売却価格になります。

不動産業者が買取ケースの場合、殆ど何か理由がある場合が多いためその理由をリスクとして考え不動産業者が買う事になるので金額は仲介になる場合に比べて安くなります。

また仲介の場合、仲介手数料がかかりますが、買取の場合にはかかりません。
どちらの売却方法が良いというのも一概に言うのは難しく物件によって個別に判断する事が重要です。
  • 東京都中央区日本橋堀留町2-7-1-1201
    TEL 03-5623-2325 / FAX 03-6732-3136

  • 日本AMサービス
  • 日本AMサービスの堂下と申します。 長年の経済不況、今後訪れる少子高齢化社会、消費税の増税、不動産大家さんにとっては非常に厳しい経済市況だと思います。今後、今以上に「勝ち組」「負け組」大家さんの差がはっきりしてくると思います。 日本AMサービスでは賃貸、売買、管理、不動産ファンド運用経験に基づいて、不動産価値の「最大化」を追求させて頂きます。
シェア
ツイート
LINEで送る

あなたにおすすめの収益物件

新着!大家さんのお悩み相談
大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

[賃貸経営博士からのお知らせ]

PAGE TOP