不動産投資における流動性リスクとは?-投資博士で勉強しよう!-|不動産投資博士

  • ×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
不動産投資 > 購入 > 【投資博士】投資博士で勉強しよう! > 不動産投資における流動性リスクとは?-投資博士で勉強しよう!-
不動産投資博士で勉強しよう!

2016年6月

不動産投資における流動性リスクとは?

シェア
ツイート
LINEで送る
不動産投資は投資をされる時期が非常に重要です。

例えば現在のオリンピック効果などがある時期は物件価格が非常に高くなり、買手より売手市場となっています。

そのタイミング物件を購入されてしまうと市場が崩れた際に売却をしたくても融資を利用している場合に売却をしても元本返済ができないという状況に陥ります。

この様に売却が制限されてしまう事を流動性のリスクと言います。

例えば上場株式の場合、市場が開いていればすぐに売却できますが、不動産はそうもいかないと言うのは直観的に理解しやすいと思います。
  • 東京都中央区日本橋堀留町2-7-1-1201
    TEL 03-5623-2325 / FAX 03-6732-3136

  • 日本AMサービス
  • 日本AMサービスの堂下と申します。 長年の経済不況、今後訪れる少子高齢化社会、消費税の増税、不動産大家さんにとっては非常に厳しい経済市況だと思います。今後、今以上に「勝ち組」「負け組」大家さんの差がはっきりしてくると思います。 日本AMサービスでは賃貸、売買、管理、不動産ファンド運用経験に基づいて、不動産価値の「最大化」を追求させて頂きます。
5年程前に投資物件を購入した人達は、最近高く売れたなんて話をよく聞きます。

5年前にこうなることを知っていた人は誰がいたでしょうか?
不動産の価値は変動します。

将来を見据えて不動産投資をすることも当然ですが、安く購入して、高く売却をするなんてことは不動産会社も行っております。

なので一般の人がそこを狙って行うことは現実的には難しいと思います。

不動産投資は長期間保有することを目的として、家賃収入を目的として不動産投資をした方が大きな失敗はないと思います。

家賃収入を目的で不動産投資を目的にすれば急いで売却しなければならないなんてことも少ないと思いますので!
  • 東京都新宿区四谷1-19-16 第一上野ビル6F
    TEL 03-6380-6780 / FAX 03-6380-6783

  • 富士企画株式会社
  • 富士企画は不動産投資物件に特化した会社です。
    東京都新宿区の富士企画株式会社は不動産投資専門の会社で、投資物件、収益不動産の市場に出回らない投資不動産の紹介と事業承継問題に取り組む投資専門アドバイザーです。
流動性リスクとは、売却(換金)時にすぐに売れなかったり、希望する価格で買い手が付かないなど、売却(換金)時に発生するリスクのことを指します。

流動性リスクを避けるためには、まずエリア選びが大切です。

投資用不動産であれば、まず利回り(入居者)を確保することが最重要になりますので、ファミリー向け物件であれば、若年人口が増える魅力のある街を選んだり、
単身者向け物件であれば、大学施設周辺エリア選ぶなど、将来に向けの発展の可能性あるエリアを選ぶことが大切になります。
  • 東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル40階
    TEL 03-6161-1555 / FAX 03-6161-1556

  • 株式会社リッチロード
  • アパート経営とマンション経営のリッチロード不動産投資。東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の売りアパートと投資マンションの投資物件情報を常時3000件以上掲載しております。その他、13年以上の実績あるリッチロード不動産投資限定の不動産投資セミナーや個別相談会も随時開催中です。
シェア
ツイート
LINEで送る

あなたにおすすめの収益物件

新着!大家さんのお悩み相談
大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

[不動産投資博士からのお知らせ]

PAGE TOP