不動産投資・不動産売却における流動性リスクとは?-投資博士で勉強しよう!-|不動産投資博士

不動産投資博士トップ > 購入 > 購入 リスク > 【投資博士】投資博士で勉強しよう! > 不動産投資・不動産売却における流動性リスクとは?-投資博士で勉強しよう!-
不動産投資博士で勉強しよう!
2016年6月
  • CASE1
  • CASE2
  • CASE3

不動産投資・不動産売却における流動性リスクとは?

CASE 2不動産投資・不動産売却における流動性リスクとは?

シェア
ツイート
LINEで送る


不動産投資は投資をされる時期が非常に重要です。

例えば現在のオリンピック効果などがある時期は物件価格が非常に高くなり、買手より売手市場となっています。

そのタイミング物件を購入されてしまうと市場が崩れた際に売却をしたくても融資を利用している場合に売却をしても元本返済ができないという状況に陥ります。

この様に売却が制限されてしまう事を流動性のリスクと言います。

例えば上場株式の場合、市場が開いていればすぐに売却できますが、不動産はそうもいかないと言うのは直観的に理解しやすいと思います。
日本AMサービス
回答会社

東京都中央区日本橋堀留町2-7-1-1201
TEL 03-5623-2325 / FAX 03-6732-3136

5年程前に投資物件を購入した人達は、

富士企画株式会社
回答会社

東京都新宿区四谷1-19-16 第一上野ビル6F
TEL 03-6380-6780 / FAX 03-6380-6783

流動性リスクとは、売却(換金)時にすぐに売れなかったり、希望する価格で買い手が付かないなど、売却(換金)時に発生するリスクのことを指します。

流動性リスクを避けるためには、まずエリア選びが大切です。

投資用不動産であれば、まず利回り(入居者)を確保することが最重要になりますので、ファミリー向け物件であれば、若年人口が増える魅力のある街を選んだり、
単身者向け物件であれば、大学施設周辺エリア選ぶなど、将来に向けの発展の可能性あるエリアを選ぶことが大切になります。
株式会社リッチロード
回答会社

東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル40階
TEL 03-6161-1555 / FAX 03-6161-1556

シェア
ツイート
LINEで送る


AD

m??octFA2017H

PAGE TOP