初めての不動産投資。区分マンションと一棟売りアパートのどちらを選ぶべき?-投資博士で勉強しよう!-|不動産投資博士

不動産投資博士トップ > 購入 > 購入 区分マンション > 【投資博士】投資博士で勉強しよう! > 初めての不動産投資。区分マンションと一棟売りアパートのどちらを選ぶべき?-投資博士で勉強しよう!-
不動産投資博士で勉強しよう!
2014年1月
  • CASE1
  • CASE2
  • CASE3

初めての不動産投資。区分マンションと一棟売りアパートのどちらを選ぶべき?

CASE 3初めての不動産投資。区分マンションと一棟売りアパートのどちらを選ぶべき?

シェア
ツイート
LINEで送る


最初に投資できる自己資金の金額によって変わってきます。

目安としましては 、自己資金の金額が500万円以下でしたら区分マンション、500万円以上でしたら一棟アパートが可能です。いずれにしても、途中で修繕費等発生するリスクがありますので、自己資金は余裕を持って準備しましょう。
株式会社リッチロード
回答会社

東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル40階
TEL 03-6161-1555 / FAX 03-6161-1556

どちらの物件にもメリット・デメリットがあります。
例えば区分マンションは銀行から借入をする場合に評価がでないので、新築ワンルームを除き、
手元資金を入れなくてはいけないケースがあります。また 管理費や修繕積立金は管理組合が決めてしまうので、金額が上がってしまっても文句は言えないですし、管理状況が悪い場合でも是正されるのにも時間がかかるケースがあります。
また一棟アパートの場合はあまりにも古い場合、ワンルームマンションよりも賃貸需要が劣ってしまう可能性があるため、空室リスクが高くなる場合があります。

双方の投資ともにメリット・デメリットがありますが、手元資金の額、不動産投資をどれだけ継続して行きたいか、不動産収入をどれだけ求めているか等を加味して頂いて、どちらの投資にされるか決断をされるのが良いと思います。
日本AMサービス
回答会社

東京都中央区日本橋堀留町2-7-1-1201
TEL 03-5623-2325 / FAX 03-6732-3136

シェア
ツイート
LINEで送る


AD

m??octFA2017H

PAGE TOP