一般的なサラリーマン投資家が受けることができる融資の限度額は?-投資博士で勉強しよう!-|不動産投資博士

不動産投資博士トップ > 購入 > 購入 サラリーマン > 【投資博士】投資博士で勉強しよう! > 一般的なサラリーマン投資家が受けることができる融資の限度額は?-投資博士で勉強しよう!-
不動産投資博士で勉強しよう!
2014年3月
  • CASE1
  • CASE2
  • CASE3

一般的なサラリーマン投資家が受けることができる融資の限度額は?

CASE 3一般的なサラリーマン投資家が受けることができる融資の限度額は?

シェア
ツイート
LINEで送る
サラリーマン投資家の方が投資をされる際に重要となるのは年収と持ち家、他の資産を保有しているかという部分が重要です。

金融機関も 貸し付けをして担保に取れる不動産+皆様の収入にて返済能力を考えます。

一概に言うのは非常に難しいですが、サラリーマンの方でも資産運用会社を作り10億規模の借入を行っている方もいらっしゃいます。


こうした方のお話をお伺いすると、やはり常に借入条件を気にして、購入される物件の担保価値を気にしている方です。

金融機関にとって不動産融資は非常にうま味がある(担保として取れるので)貸付なので、こうした金融機関の状況に応じた対応を常に見極める事が非常に重要だと思います。
日本AMサービス
回答会社

東京都中央区日本橋堀留町2-7-1-1201
TEL 03-5623-2325 / FAX 03-6732-3136

自宅ローンですと、およそ年収の6倍〜7倍というところですが、
投資用不動産ですと 、年収の10倍くらいまでは大丈夫です。


どうしてそれだけ差があるかと申しますと、自宅の場合まるまるローンを返済しなければなりませんが、投資用の場合、家賃収入で家賃を返すことができるので、比較的『軽いローン』とみなされるからです。
株式会社リッチロード
回答会社

東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル40階
TEL 03-6161-1555 / FAX 03-6161-1556

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

vAv

[不動産投資博士からのお知らせ]

PAGE TOP

  • ×