マンション投資にて売却時に価値が落ちにくい条件とは? 希少立地・希少物件・高層マンション? -投資博士で勉強しよう!-|不動産投資博士

不動産投資博士トップ > 売却 > 売却 価格 > 【投資博士】投資博士で勉強しよう! > マンション投資にて売却時に価値が落ちにくい条件とは? 希少立地・希少物件・高層マンション? -投資博士で勉強しよう!-
不動産投資博士で勉強しよう!
2014年11月
  • CASE1
  • CASE2
  • CASE3

マンション投資にて売却時に価値が落ちにくい条件とは? 希少立地・希少物件・高層マンション?

CASE 3マンション投資にて売却時に価値が落ちにくい条件とは? 希少立地・希少物件・高層マンション?

シェア
ツイート
LINEで送る
まず希少立地、希少物件であれば 価値が落ちにくいです。
東京では中央区、千代田区、港区などの一等地や、
湾岸部や駅近の高層マンションなどです。

あとは、築15〜20年の中古であれば将来それほど価格は落ちません。
株式会社リッチロード
回答会社

東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル40階
TEL 03-6161-1555 / FAX 03-6161-1556

この部分は市場の景気にも判断されるのですが 、売却する際に価値が落ちにくいのは、
高稼働率を維持して経費が多くかからない物件だと思います。

一時的な問題と言うよりは継続して良い運用を行い、その良い結果を残しておくという事が売却にプラスになります。
外壁等の劣化部分も計画的に修繕をしたり、入居者さんが長期的に住んで頂くように物件の管理をしっかり行うようにしたりと、資産価値を維持する運用が重要になると思います。
日本AMサービス
回答会社

東京都中央区日本橋堀留町2-7-1-1201
TEL 03-5623-2325 / FAX 03-6732-3136

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

m??octFA2017H

[不動産投資博士からのお知らせ]

PAGE TOP

  • ×