中古物件購入時に物件設備の劣化で注意するべき点は?見極める方法は? -投資博士で勉強しよう!-|不動産投資博士

不動産投資博士トップ > 購入 > 購入 物件 > 【投資博士】投資博士で勉強しよう! > 中古物件購入時に物件設備の劣化で注意するべき点は?見極める方法は? -投資博士で勉強しよう!-
不動産投資博士で勉強しよう!
2015年2月
  • CASE1
  • CASE2
  • CASE3

中古物件購入時に物件設備の劣化で注意するべき点は?見極める方法は?

CASE 3中古物件購入時に物件設備の劣化で注意するべき点は?見極める方法は?

シェア
ツイート
LINEで送る
中古物件を購入する際に得に注意が必要な設備は給湯器とエアコンです。
この2つは交換や修理に大きな費用がかかる可能性があるためです。

可能であれば製造年月日を確認をするようにして、
将来的な費用の発生の準備をする事が必要です。
日本AMサービス
回答会社

東京都中央区日本橋堀留町2-7-1-1201
TEL 03-5623-2325 / FAX 03-6732-3136

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

m??octFA2017H

[不動産投資博士からのお知らせ]

PAGE TOP

  • ×