中古物件購入時に物件設備の劣化で注意するべき点は?見極める方法は? -投資博士で勉強しよう!-|不動産投資博士

  • ×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
不動産投資 > 購入 > 【投資博士】投資博士で勉強しよう! > 中古物件購入時に物件設備の劣化で注意するべき点は?見極める方法は? -投資博士で勉強しよう!-
不動産投資博士で勉強しよう!

2015年2月

中古物件を購入するとき、物件の設備の劣化で注意するべき点はどこですか?

シェア
ツイート
LINEで送る
中古物件を購入する際に得に注意が必要な設備は 給湯器とエアコンです。
この2つは交換や修理に大きな費用がかかる可能性があるためです。

可能であれば製造年月日を確認をするようにして、
将来的な費用の発生の準備をする事が必要です。
  • 東京都中央区日本橋堀留町2-7-1-1201
    TEL 03-5623-2325 / FAX 03-6732-3136

  • 日本AMサービス
  • 日本AMサービスの堂下と申します。 長年の経済不況、今後訪れる少子高齢化社会、消費税の増税、不動産大家さんにとっては非常に厳しい経済市況だと思います。今後、今以上に「勝ち組」「負け組」大家さんの差がはっきりしてくると思います。 日本AMサービスでは賃貸、売買、管理、不動産ファンド運用経験に基づいて、不動産価値の「最大化」を追求させて頂きます。
シェア
ツイート
LINEで送る

あなたにおすすめの収益物件

新着!大家さんのお悩み相談
大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

[賃貸経営博士からのお知らせ]

PAGE TOP