投資マンションを所持した際に支払う修繕積立金の管理は誰が? 大規模修繕の計画立案は? -投資博士で勉強しよう!-|不動産投資博士

  • ×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
不動産投資 > 購入 > 【投資博士】投資博士で勉強しよう! > 投資マンションを所持した際に支払う修繕積立金の管理は誰が? 大規模修繕の計画立案は? -投資博士で勉強しよう!-
不動産投資博士で勉強しよう!

2015年7月

投資マンションを所持した際に支払う修繕積立金は誰が管理をするのでしょうか?また、マンションの大規模修繕を行う際はどのように決定するのでしょうか?

シェア
ツイート
LINEで送る
区分マンションの場合、修繕積立金は管理組合が管理をすることになります。

修繕積立金の使用用途は管理規約に定められており、区分所有法に基づき、大規模修繕の議事が行われる事になります。

区分所有者の賛否により一定数以上の賛成があった際に初めて大規模修繕が行われる事となります。
  • 東京都中央区日本橋堀留町2-7-1-1201
    TEL 03-5623-2325 / FAX 03-6732-3136

  • 日本AMサービス
  • 日本AMサービスの堂下と申します。 長年の経済不況、今後訪れる少子高齢化社会、消費税の増税、不動産大家さんにとっては非常に厳しい経済市況だと思います。今後、今以上に「勝ち組」「負け組」大家さんの差がはっきりしてくると思います。 日本AMサービスでは賃貸、売買、管理、不動産ファンド運用経験に基づいて、不動産価値の「最大化」を追求させて頂きます。
支払われた修繕積立金や管理費などの出納は、管理組合が行います。

管理組合は、マンションの所有者で組織され、組会員の財産であるマンションの管理・保全・修繕にあたります。

ですので、大規模修繕の計画立案や具体的な工程の作成なども管理組合が行います。
実際には、プロの管理会社などに委託するケースが多いようです。
  • 東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル40階
    TEL 03-6161-1555 / FAX 03-6161-1556

  • 株式会社リッチロード
  • アパート経営とマンション経営のリッチロード不動産投資。東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の売りアパートと投資マンションの投資物件情報を常時3000件以上掲載しております。その他、13年以上の実績あるリッチロード不動産投資限定の不動産投資セミナーや個別相談会も随時開催中です。
シェア
ツイート
LINEで送る

あなたにおすすめの収益物件

新着!大家さんのお悩み相談
大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

[不動産投資博士からのお知らせ]

PAGE TOP