投資マンションを所持した際に支払う修繕積立金の管理は誰が? 大規模修繕の計画立案は? -投資博士で勉強しよう!-|不動産投資博士

不動産投資博士トップ > 購入 > 購入 区分マンション > 【投資博士】投資博士で勉強しよう! > 投資マンションを所持した際に支払う修繕積立金の管理は誰が? 大規模修繕の計画立案は? -投資博士で勉強しよう!-
不動産投資博士で勉強しよう!
2015年7月
  • CASE1
  • CASE2
  • CASE3

投資マンションを所持した際に支払う修繕積立金の管理は誰が?大規模修繕の計画立案は?

CASE 3投資マンションを所持した際に支払う修繕積立金の管理は誰が?大規模修繕の計画立案は?

シェア
ツイート
LINEで送る
区分マンションの場合、修繕積立金は管理組合が管理をすることになります。

修繕積立金の使用用途は管理規約に定められており、区分所有法に基づき、大規模修繕の議事が行われる事になります。

区分所有者の賛否により一定数以上の賛成があった際に初めて大規模修繕が行われる事となります。
日本AMサービス
回答会社

東京都中央区日本橋堀留町2-7-1-1201
TEL 03-5623-2325 / FAX 03-6732-3136

支払われた修繕積立金や管理費などの出納は、管理組合が行います。

管理組合は、マンションの所有者で組織され、組会員の財産であるマンションの管理・保全・修繕にあたります。

ですので、大規模修繕の計画立案や具体的な工程の作成なども管理組合が行います。
実際には、プロの管理会社などに委託するケースが多いようです。
株式会社リッチロード
回答会社

東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル40階
TEL 03-6161-1555 / FAX 03-6161-1556

シェア
ツイート
LINEで送る

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会
新着!大家さんのお悩み相談

[不動産投資博士からのお知らせ]

PAGE TOP

  • ×