不動産投資会社と結ぶ媒介契約とは?一般媒介・専任媒介・専属専任媒介? -投資博士で勉強しよう!-|不動産投資博士

不動産投資博士トップ > 売却 > 売却 媒介契約 > 【投資博士】投資博士で勉強しよう! > 不動産投資会社と結ぶ媒介契約とは?一般媒介・専任媒介・専属専任媒介? -投資博士で勉強しよう!-
不動産投資博士で勉強しよう!
2017年5月
  • CASE1
  • CASE2
  • CASE3

不動産投資会社と結ぶ媒介契約とは?一般媒介・専任媒介・専属専任媒介?

CASE 3不動産投資会社と結ぶ媒介契約とは?一般媒介・専任媒介・専属専任媒介?

シェア
ツイート
LINEで送る
売却を依頼する事となった場合に媒介契約書を締結します。
媒介契約書には3つ種類があります。

日本AMサービス
回答会社

東京都中央区日本橋堀留町2-7-1-1201
TEL 03-5623-2325 / FAX 03-6732-3136

媒介契約とは、不動産会社と取引する時に結ぶ契約の種類になりまして、種類は一般媒介・専任媒介・専属専任媒介の3種類です。
主に物件を売却する時に契約する種類になります。

一般は色々な不動産会社に売却の依頼をすることが出来ます。

専任と専属専任は、富士企画に頼んだら他に頼むことは出来ない契約になりますが、専属専任に関しては、知り合いが買いたいと言って来てもその会社を通さないと出来ません。

なので、一般媒介で色んな不動産会社に頼んだ方がいいと思う方が多いと思いますが、一般で頼むとポータルサイトでさらし者になっている物件になるケースもあるので、一般の場合は気を付けた方がいいです。

戦略的に売却する場合はなれている不動産会社に専任でお願いした方が、結果高く売却出来るのではないかと思います。
富士企画株式会社
回答会社

東京都新宿区四谷1-19-16 第一上野ビル6F
TEL 03-6380-6780 / FAX 03-6380-6783

通常不動産を買いたい(あるいは売りたい)ときに不動産業者に不動産仲介を依頼する場合、媒介契約という契約を結ぶことが宅地建物取引業法で決められています。
媒介契約には、媒介の種類(専任・一般)や購入希望価格、媒介の手数料(仲介手数料)の額などを取り決めます。

不動産業者による仲介により買い手と売り手で物件価格や諸条件が合意出来たら、売買契約に進みます。
その後、無事に不動産の引渡し・決済まで完了したら、媒介契約に基づいて仲介手数料を支払う流れとなります。

なお、媒介契約は売買契約とはまた別ものですので、媒介契約を結んだとしても、通常キャンセルや売買希望価格等条件変更することができます(違約金等もありません)。
武蔵コーポレーション株式会社
回答会社

埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5大宮ソニックシティビル21F
TEL 048-649-0333 / FAX 048-649-3331

不動産を売却又は、購入する際には、不動産仲介会社と媒介契約を結ぶことになります。
媒介契約には、専属専任、専任、一般と三種類ありそれぞれに意味合いが違ってきますが、媒介契約とは売却や購入をその不動産会社に依頼する為の委任状です。
その際に仲介手数料の支払い時期、額を予め取り決める意味合いもあります。
株式会社リッチロード
回答会社

東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル40階
TEL 03-6161-1555 / FAX 03-6161-1556

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

vAv

[不動産投資博士からのお知らせ]

PAGE TOP

  • ×