大手銀行・地方銀行とは違い、ノンバンクでの融資による不動産投資の特徴とは?-投資博士で勉強しよう!-|不動産投資博士

不動産投資博士トップ > 購入 > 購入 ノンバンク > 【投資博士】投資博士で勉強しよう! > 大手銀行・地方銀行とは違い、ノンバンクでの融資による不動産投資の特徴とは?-投資博士で勉強しよう!-
不動産投資博士で勉強しよう!
2017年4月
  • CASE1
  • CASE2
  • CASE3

大手銀行・地方銀行とは違い、ノンバンクでの融資による不動産投資の特徴とは?

CASE 3大手銀行・地方銀行とは違い、ノンバンクでの融資による不動産投資の特徴とは?

シェア
ツイート
LINEで送る
銀行や信金、労金以外の融資のことを「ノンバンク融資」と言います。
具体的には

レアルコンサルティング株式会社
回答会社

東京都新宿区西新宿1-3-13 ZenkenPlazaU7階
TEL 03-6911-3939 / FAX 03-6911-3938

融資を銀行でうける場合とノンバンクでうける場合では、当然、融資元の営業形態が異なりますので、それぞれのメリットとデメリットにも違いがあります。
メリットをひとことでいうならば、銀行系の特徴は「金利が低い」点。
それに対し、ノンバンク系の特徴は「融資のスピード」があげられるでしょう。
銀行や行政の公庫は低金利が魅力的ですが、人気も高く競争率も高いのが実状です。
また、そのぶん審査も慎重で融資までに時間がかかってしまう点は大きなデメリット。

一方、ノンバンク系の不動産担保ローンは速やかに審査に動くため、融資実行までが早く、あまり時間を要しません。

たとえば、銀行系の融資を申し込むと審査などで融資実行までに時間を要します。
借り手の事情に応じて個別に条件を調整し、融資できる範囲で融資してもらえる対応力も、ノンバンク系の魅力かもしれません。

いずれにしてもローンは使い方と返済の仕方次第。
銀行系、ノンバンク系の長所と短所をうまく見極め、上手に活用すれば大きな資金力になります。
株式会社リッチロード
回答会社

東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル40階
TEL 03-6161-1555 / FAX 03-6161-1556

ノンバンクでの融資は、都銀・地銀・信金・政府系と比べて金利が高かったり共同担保を求められたりするなど条件面で不利なケースが多いデメリットがありますが、融資の審査スピードが早かったり、通常では融資の対象にならないような物件でも融資が通る可能性があるなどのメリットがあります。

例えば、再建築不可、借地権、築古(旧耐震)木造アパートといった特殊な物件でも融資が通る場合があります。

このような特殊な物件でも十分に高い収益性が見込める場合はノンバンクでの融資を検討してみても良いかもしれません。
武蔵コーポレーション株式会社
回答会社

埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5大宮ソニックシティビル21F
TEL 048-649-0333 / FAX 048-649-3331

一般論ですが、ノンバンクと銀行の違いは、ノンバンクはお金を貸すだけで、銀行は預金・為替が出来る大きな違いがあります。

なのでノンバンクで融資を受けた時には融資の貸出なので、お金の融資をしてくれるだけなので、返済口座も他の銀行さんの口座を利用して返済をすることになります。

後は、ノンバンクの方が事務手数料が高いです。普通に借りて普通に返済しているだけなら、特に問題ないと思っております。借入金利と購入する物件の利回りとのバランスを考えて不動産投資をして下さい。物件によってはノンバンクかいい場合もありますよ。
富士企画株式会社
回答会社

東京都新宿区四谷1-19-16 第一上野ビル6F
TEL 03-6380-6780 / FAX 03-6380-6783

ノンバンクの融資は一言で言うと借入利率が高い事が多いです。

一般的な銀行で借りられない物件や属性の方がノンバンクで借りる事が多いのでそのリスクに見合った条件となります。
日本AMサービス
回答会社

東京都中央区日本橋堀留町2-7-1-1201
TEL 03-5623-2325 / FAX 03-6732-3136

シェア
ツイート
LINEで送る

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会
新着!大家さんのお悩み相談

[不動産投資博士からのお知らせ]

PAGE TOP

  • ×