壁芯面積とは?<不動産投資用語集>|不動産投資博士

不動産投資博士トップ > 購入 > 【投資博士】用語集 > 壁芯面積とは?<不動産投資用語集>
不動産投資用語集

壁芯面積とは?

シェア
ツイート
LINEで送る

壁芯面積とは、建物の床面積を測定するの計算方法の一つ。壁の厚みの中心を基準に囲まれた部分を計算した床面積。壁の厚みの分、内法面積よりも広くなるが、区分登記建物の区分所有部分についてのみ内法面積で登記することとなっている。

関連キーワード




シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会
新着!大家さんのお悩み相談

[不動産投資博士からのお知らせ]

PAGE TOP

  • ×