印紙税とは?<不動産投資用語集>|不動産投資博士

不動産投資博士トップ > 購入 > 【投資博士】用語集 > 印紙税とは?<不動産投資用語集>
不動産投資用語集

印紙税とは?

シェア
ツイート
LINEで送る


印紙税とは、課税物件に該当する一定の文書(売買契約書、請負契約書、領収書などの書類)に対して課せられる税金。それぞれの書類の性質や記載金額によって納付する税額が異なる。作成した契約書1通ごとに所定の印紙をはりつけて、消印することで納税する。

関連記事

半年前に購入した物件(5000万の1棟アパート)が5500万円ほどで売却できそうなのですが、税務上注意することはありますか?

…るために支払った仲介手数料 ・印紙税(売主負担分) 修繕費や固定資産税などアパートの維持や管理のためにかかった費用は譲渡費用になりませんのでご注…

不動産投資の利回りとは

…実質)= 購入価格+仲介手数料+印紙税+司法書士手数料+登録免許税+不動産取得税 毎年かかる税額や管理費などのランニングコストも差し引いて計算する…

収益物件を購入・売却する際に必要となる諸経費は?-投資博士で勉強しよう!-

…にかかる費用として、仲介手数料、不動産登記のための登録免許税、 司法書士報酬、売買契約書、借入契約書に貼る印紙税、建物の火災保険料 また借入金融機関…





シェア
ツイート
LINEで送る


AD

m??octFA2017H

PAGE TOP