住宅性能表示制度とは?<不動産投資用語集>|不動産投資博士

不動産投資博士トップ > 購入 > 【投資博士】用語集 > 住宅性能表示制度とは?<不動産投資用語集>
不動産投資用語集

住宅性能表示制度とは?

シェア
ツイート
LINEで送る

住宅性能表示制度とは、住宅の基本的な性能の表示ルールを定めて、ユーザーに情報開示すると同時に、第三者機関(指定住宅性能評価機関)が住宅の建物性能を評価・表示する制度。

従来は、住宅メーカーや不動産会社が独自に性能を表示していたが、表示項目や基準がバラバラだったため、相互の比較が難しかった。そのため住宅性能表示制度を制定し評価基準が作成された。

設計段階での評価書を「設計住宅性能評価書」、完成段階での評価書を「建設住宅性能評価書」という。





シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

  • たったの60秒!今の査定価格で大丈夫?一棟アパート・マンション・ビルを少しでも
    高く売却したい方へ。【完全無料】一括査定依頼受付中。

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

vAv

こんな記事も読まれています
[不動産投資博士からのお知らせ]

PAGE TOP

  • ×