建築確認とは?<不動産投資用語集>|不動産投資博士

不動産投資博士トップ > 購入 > 【投資博士】用語集 > 建築確認とは?<不動産投資用語集>
不動産投資用語集

建築確認とは?

シェア
ツイート
LINEで送る

建築確認とは、建物を建築する際に建築計画が建築基準法令に適合しているかのを審査する行政手続の一つ。この建築確認が行われ適合している場合は建築確認番号が付与される。この建築確認番号がないと着工することができない。

関連キーワード
関連記事

収益物件に関する検査済証とはなんですか? 検査済証の有無で融資は変わりますか?-投資博士で勉強しよう!-

検査済証とは、その建物が、建築確認申請どおりに施工されているかどうかを、完了後に検査してもらい、発行してもらう証明書のようなものです。 検査済証があ…

新耐震設計基準の物件とはどのような特徴がありますか?-投資博士で勉強しよう!-

…れております。 ただ6月以降に建築していても 建築確認の取得日によって 旧耐震になっていることもあるので、 注意が必要になります。 東…





シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

  • たったの60秒!今の査定価格で大丈夫?一棟アパート・マンション・ビルを少しでも
    高く売却したい方へ。【完全無料】一括査定依頼受付中。

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

vAv

こんな記事も読まれています
[不動産投資博士からのお知らせ]

PAGE TOP

  • ×