建築面積とは?<不動産投資用語集>|不動産投資博士

不動産投資博士トップ > 購入 > 【投資博士】用語集 > 建築面積とは?<不動産投資用語集>
不動産投資用語集

建築面積とは?

シェア
ツイート
LINEで送る

建築面積とは、建物の外壁や柱の中心線で囲まれた部分の水平投影面積のこと。簡単に言うと建物を真上から見た面積のこと。

関連記事

第21回 不動産投資・不動産賃貸経営・・・を、新しく始められる人ってそんなに多いのですか??金儲け?将来の資産形成に?第二の人生の為に??

…・・。 言い換えれば、土地及び建坪・建築面積に対して部屋数(賃貸戸数)が多い物件が多数あるわけです。 必然的に表面利回りが多くなる?? ・…





シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

  • たったの60秒!今の査定価格で大丈夫?一棟アパート・マンション・ビルを少しでも
    高く売却したい方へ。【完全無料】一括査定依頼受付中。
  • 建築基準法とは?<不動産投資用語集> 建築基準法とは?<不動産投資用語集>

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

vAv

こんな記事も読まれています
[不動産投資博士からのお知らせ]

PAGE TOP

  • ×