建ぺい率とは?<不動産投資用語集>|不動産投資博士

不動産投資博士トップ > 購入 > 【投資博士】用語集 > 建ぺい率とは?<不動産投資用語集>
不動産投資用語集

建ぺい率とは?

シェア
ツイート
LINEで送る

建ぺい率とは、敷地面積に対する建築物の建築面積の割合のこと。都市計画法や建築基準法により用途地域ごとに建ぺい率が制限されている。建ぺい率が高いほど敷地を広く利用して建築できる。また、建物の高さ(大きさは)容積率も関係してくる。

関連キーワード
関連記事

利回り19%の1棟アパートが売りに出ていました。<勝ち組大家への道>

…います。 しかし懸念するのは利回りが19%の時点で恐らく建ぺい率容積率はオーバーしていると思うのでローンは厳しいのかと感じます。 その場合購入す…

埼玉の想定利回り20%程度の1棟アパート購入を検討しています。購入の際のリスクは具体的にどういったものが考えられますか?<勝ち組大家への道>

…ば再販するときの銀行評価は出ると思います。 その他建ぺい率や容積率がオーバーしていれば銀行融資は付きづらいでしょう。 再建築不可、調整区域、但…





シェア
ツイート
LINEで送る

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会
新着!大家さんのお悩み相談

[不動産投資博士からのお知らせ]

PAGE TOP

  • ×