既存不適格建築物とは?<不動産投資用語集>|不動産投資博士

不動産投資博士トップ > 購入 > 【投資博士】用語集 > 既存不適格建築物とは?<不動産投資用語集>
不動産投資用語集

既存不適格建築物とは?

シェア
ツイート
LINEで送る

既存不適格建築物とは、建物の建築時には適法だったがその後法令の改正や都市計画変更などによって建築基準法の規定に違反してしまった建築物のこと。ちなみに、施工時点で建築基準法の規定に違反してしまっている建築物を違法建築物という。

関連キーワード




シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会
新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています
[不動産投資博士からのお知らせ]

PAGE TOP

  • ×