既存不適格建築物とは?<不動産投資用語集>|不動産投資博士

【「熊本地震」により被災された皆さまに対し、心よりお見舞いを申し上げます。被災地の皆さまの一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。】

  • ×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
不動産投資 > 購入 > 【投資博士】用語集 > 既存不適格建築物とは?<不動産投資用語集>
不動産投資用語集

既存不適格建築物とは?

シェア
ツイート
LINEで送る

既存不適格建築物とは、建物の建築時には適法だったがその後法令の改正や都市計画変更などによって建築基準法の規定に違反してしまった建築物のこと。ちなみに、施工時点で建築基準法の規定に違反してしまっている建築物を違法建築物という。

関連キーワード




シェア
ツイート
LINEで送る

あなたにおすすめの収益物件

新着!大家さんのお悩み相談
大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

[賃貸経営博士からのお知らせ]

PAGE TOP