内法面積とは?<不動産投資用語集>|不動産投資博士

不動産投資博士トップ > 購入 > 【投資博士】用語集 > 内法面積とは?<不動産投資用語集>
不動産投資用語集

内法面積とは?

シェア
ツイート
LINEで送る

内法面積とは、建物と床面積を計算する場合の方法の一つで、壁で囲まれた内側だけの部分を計算した面積のこと。
一般的に鉄筋コンクリート造(RC造)のマンションの場合は、壁の内側だけの実際に使用できる部分の面積である「内法面積」と、壁の中心線で囲まれた部分の面積である「壁芯面積」の二つの計算方法がある。

関連キーワード




シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

  • たったの60秒!今の査定価格で大丈夫?一棟アパート・マンション・ビルを少しでも
    高く売却したい方へ。【完全無料】一括査定依頼受付中。

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

vAv

こんな記事も読まれています
[不動産投資博士からのお知らせ]

PAGE TOP

  • ×