延床面積とは?<不動産投資用語集>|不動産投資博士

不動産投資博士トップ > 購入 > 【投資博士】用語集 > 延床面積とは?<不動産投資用語集>
不動産投資用語集

延床面積とは?

シェア
ツイート
LINEで送る

延床面積とは、建物各階の床面積の合計のこと。延べ面積とも呼ぶ。公共用歩廊、ピロティ、バルコニーの先端から2mまでの部分などの共用部分や、ロフト、小屋裏、収納などは床面積に算入されない。

関連キーワード
関連記事

物件(不動産)を評価する時の積算評価とはどのようなものでしょうか?-投資博士で勉強しよう!-

… 土地の評価は 、相続税路線価×面積、 建物の評価は新築時の平米あたりの建築費×延床面積-経年による減価で算出されます。 収益評価に比べ、積…

木造構造の建物の投資物件としてのメリットは? -投資博士で勉強しよう!-

建物の構造は木造がいいと聞きますが 木造のメリットは何でしょうか? 木造のメリットは、まず、修繕費用が安いことです。 延床面積が200平米…





シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会
新着!大家さんのお悩み相談

tFA

こんな記事も読まれています
[不動産投資博士からのお知らせ]

PAGE TOP

  • ×