レントギャップとは?<不動産投資用語集>|不動産投資博士

不動産投資博士トップ > 購入 > 【投資博士】用語集 > レントギャップとは?<不動産投資用語集>
不動産投資用語集

レントギャップとは?

シェア
ツイート
LINEで送る

レントギャップとは、住居賃料とオフィス賃料を比較した場合、住居賃料の方が上回っている状態のこと。従来はオフィス賃料が住居賃料より上回っていたが、オフィスの供給が増えたことにより空室が増えこのような逆転現状(レントギャップ)が生じている。

関連記事

狙い目な一棟マンション・投資マンションと2棟目以降の不動産経営の注意点とは? -アースプロジェクト-

… 5、駅近であるにこしたことは無いが、入居が付く理由が妥当と思われる物件である事。 6、レントギャップの乖離が大きくない物件である事。 7、事故(自…





シェア
ツイート
LINEで送る

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会
新着!大家さんのお悩み相談

[不動産投資博士からのお知らせ]

PAGE TOP

  • ×