取引事例比較法とは?<不動産投資用語集>|不動産投資博士

不動産投資博士トップ > 購入 > 【投資博士】用語集 > 取引事例比較法とは?<不動産投資用語集>
不動産投資用語集

取引事例比較法とは?

シェア
ツイート
LINEで送る

取引事例比較法とは、不動産鑑定評価の手法の一つ。対象の不動産と類似の条件の不動産の取引事例に基いて不動産価格を算出する方法。具体的には多数の類似した取引事例を収集し、事情補正・時点修正を行い、さらに地域要因・個別要因の補正を行い対象の不動産価格を算出する。

関連キーワード
関連記事

物件(不動産)を評価する時の積算評価とはどのようなものでしょうか?-投資博士で勉強しよう!-

…セミナーや個別相談会も随時開催中です。 不動産鑑定の代表的な手法として、取引事例比較法、原価法、収益還元法があります。 ここからは少し分かりにく…





シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

  • たったの60秒!今の査定価格で大丈夫?一棟アパート・マンション・ビルを少しでも
    高く売却したい方へ。【完全無料】一括査定依頼受付中。

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

vAv

こんな記事も読まれています
[不動産投資博士からのお知らせ]

PAGE TOP

  • ×