床面積とは?<不動産投資用語集>|不動産投資博士

不動産投資博士トップ > 購入 > 【投資博士】用語集 > 床面積とは?<不動産投資用語集>
不動産投資用語集

床面積とは?

シェア
ツイート
LINEで送る

床面積とは、建築物各階の、区画の中心線で囲まれた部分の水平投影面積のことを指す。よって公共用歩廊、ピロティ、バルコニーの先端から2mまでの部分などの共用部分や、ロフト、小屋裏、収納などは床面積に算入されない。

関連キーワード
関連記事

売却予定の賃貸マンションと戸建、駐車場の一般的な価格査定方法とは?<勝ち組大家への道>

…ョンの一戸の価格は専有床面積を中心に価格が決定されます。  特にファミリータイプの物件は、そのマンションが所在する地域で同じようなタイプの、同じよう…

タワーマンションは節税効果が高いって本当? -投資博士で勉強しよう!-

…しながら敷地である土地の持分や床面積は同じ間取りであれば低層階と高層階に差が出ないのがタワーマンションの特徴です。 そうなると相続税の評価額に差が…





シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会
新着!大家さんのお悩み相談

[不動産投資博士からのお知らせ]

PAGE TOP

  • ×