不動産登記簿謄本とは?<不動産投資用語集>|不動産投資博士

不動産投資博士トップ > 購入 > 【投資博士】用語集 > 不動産登記簿謄本とは?<不動産投資用語集>
不動産投資用語集

不動産登記簿謄本とは?

シェア
ツイート
LINEで送る

不動産登記簿謄本とは、不動産の権利や物理的な概要が記載された書類。土地・建物に関する所在・面積、所有者の住所・氏名、その物件の権利関係等が記載されている。「表題部」、「表題部」、「乙区」で構成され、不動産の物理的な概要を記載されている「表題部」、所有権などの権利の内容を記載されている「甲区」、所有権以外の権利が記載されている「乙区」欄で構成されている。

関連キーワード
関連記事

不動産登記とは何ですか?-投資博士で勉強しよう!-

…これは法務局にて管理しており、誰でもどの登記簿謄本を閲覧することも取得することも出来ます。 所有者が誰?だけでなく、その物件を担保に借入をしている…

物件購入時の「登記」とは? 不動産登記に必要な費用は? -投資博士で勉強しよう!-

…の権利関係を、法務局に備える登記簿に記載することを言います。 この不動産を所有している人が誰なのか、誰が見てもわかるようにしておくのです。 …





シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

  • たったの60秒!今の査定価格で大丈夫?一棟アパート・マンション・ビルを少しでも
    高く売却したい方へ。【完全無料】一括査定依頼受付中。
  • 不動産取得税とは?<不動産投資用語集>

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会
新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています
[不動産投資博士からのお知らせ]

PAGE TOP

  • ×