銀行マンは性悪説を前提に物事を考える?不動産投資の融資を容易にする資料の準備と融資可否を決定づける最も重要な稟議書補足説明書とは?|不動産投資博士

不動産投資博士トップ > 購入 > 購入 融資 > 銀行マンは性悪説を前提に物事を考える?不動産投資の融資を容易にする資料の準備と融資可否を決定づける最も重要な稟議書補足説明書とは?
銀行編

―元銀行マン大家さんが語る!―
銀行マンはココを見ている!
融資を容易にする資料の準備とは!?

シェア
ツイート
LINEで送る
\ 今回は元地方銀行の融資担当の
『海野 真也』さんに聞いてきました! /
銀行マンは性悪説を前提に物事を考える
これは銀行員と付き合う上での常識です。
したがって、融資相談のために来店した顧客を最初から信用していません。
旧知の顧客であれば、それなりの待遇を受けることができますが、初対面の顧客ともなるとそうはいきません。
その人の素性(経営能力や属性、資産背景等)がよく分からない以上、慎重に対応しなくてはならないからです。
銀行マンはココを見ている

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会
新着!大家さんのお悩み相談

[不動産投資博士からのお知らせ]

PAGE TOP

  • ×