賃貸物件で家賃が下がってしまう原因・要因はどのようなものがありますか? -投資博士で勉強しよう!-|不動産投資博士

不動産投資博士トップ > 購入 > 購入 賃料査定 > 【投資博士】投資博士で勉強しよう! > 賃貸物件で家賃が下がってしまう原因・要因はどのようなものがありますか? -投資博士で勉強しよう!-
不動産投資博士で勉強しよう!
2017年3月
  • CASE2
  • CASE3

賃貸物件で家賃が下がってしまう原因・要因はどのようなものがありますか?

CASE 1賃貸物件で家賃が下がってしまう原因・要因はどのようなものがありますか?

シェア
ツイート
LINEで送る


家賃が下がる原因は、

レアルコンサルティング株式会社
回答会社

東京都新宿区西新宿1-3-13 ZenkenPlazaU7階
TEL 03-6911-3939 / FAX 03-6911-3938

不動産投資リスクの一つとして家賃減額がありますが、2つのパターンが考えられます。

1つ目は需給バランスの変動です。
現在、社会的にも問題となっている、少子高齢化や空き家問題、さらに近年活発化された新築アパートマンション投資における供給量などで需要よりも大きな供給量となっているため、古い物件や人気のないエリアなどのお部屋の賃料を下げざるを負えない状況になってしまったケースです。

2つ目は新築プレミアム賃料です。
新築で購入したアパート、マンションなどは物件を高く売却するために近隣相場と比較すると割高な賃料設定をされているケースが多く、売主の保証期間などがある際は良いのですが、その保証がなくなり、実際に改めて客付けを行ってみると、設定された賃料では入居者がつかず下げざるを負えないといった状況です。

不動産投資を行う場合は広く市場をみて、物件の競合物件の状況を見る事で未然にこうしたリスクも低くできると思います。
日本AMサービス
回答会社

東京都中央区日本橋堀留町2-7-1-1201
TEL 03-5623-2325 / FAX 03-6732-3136

築年数が古くなるにつれて、基本的に家賃は少しずつ下がっていきます。
特に新築の場合、中古になってすぐに家賃が大きく下がるケースが多いので注意が必要です。

また、物件購入前の段階で、入居者が相場より高い家賃で住んでいるケースがあります。
その場合、物件購入後にその入居者が退去すると同じ高い家賃設定では入居募集できず家賃を下げざるを得ない状況になることがあります。
物件購入前に周辺の相場を調べて、購入予定物件の各部屋の家賃とで乖離がないかを確認することが重要です。
武蔵コーポレーション株式会社
回答会社

埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5大宮ソニックシティビル21F
TEL 048-649-0333 / FAX 048-649-3331

一般的に新築より、古い物件の方が家賃は安いので、古くなったりとか、設備が古くなったりとかの、理由がありますが、これは近隣の部屋との競争になるので、他が安くしたらこちらも安く、なんて悪循環なことが起こってますが、これは防ぎようが無い気がしております。
この様な外部の影響を受けないきなり家賃が下がるのは、その部屋で自殺・殺人が起きた場合です。これはまともに影響します。
自殺だけであればその部屋だけ家賃が下がるケースが多いですが、ニュースにも出てします殺人だと、その建物全体の家賃を下げなければ、入居が付かないなんてことも考えられます。不動産投資にはこの様なリスクもありますが、それを補う保険もあります。

自殺などで入居者が決まらない。家賃が低下してしまった。それを補ってくれる保険もありますので、心配の方はそんな保険に加入をお勧め致します。
富士企画株式会社
回答会社

東京都新宿区四谷1-19-16 第一上野ビル6F
TEL 03-6380-6780 / FAX 03-6380-6783

シェア
ツイート
LINEで送る


AD

m??octFA2017H

PAGE TOP